« やっぱり自分はナマケモノ | トップページ | 谷選手に学んだこと »

2007年9月16日 (日)

心は歳をとらない。(ロッキー・ザ・ファイナルより)

 寝違えた。首が痛くて回らないどころか動かせない。20代の頃は1日経てば治っていたが、最近は平均2,3日はかかってしまう。これも老いの始まりなのだろうか?最近は目も少し怪しくなってきた。(哀)

 今年観た映画の一つに『ロッキー・ザ・ファイナル』があった。強すぎて相手のいない現役チャンピオンと、かつてのチャンピオンでもう60歳のロッキーがエキシビジョンマッチで闘うという物語だ。いくらなんでも荒唐無稽であり得ない設定なのだが、闘っているシーンは釘付けになったし、終った時は結構、感動した。

 この話は単にボクシングのことを描いているだけではない。息子に煙たがられ、独りきりになった者の生き方が描かれている。正直言って、回想シーンが多いし、息子に対する説教にはうんざりさせられて嫌気をさす人も多かっただろう。でも個人的にはあの朴訥な話し方が何となく心に響いた。

 特に心に残ったのは「心は歳をとらない・・・」という台詞だ。まあ、これはロッキーが喋ったものではなく、少し親しくなって新たに自分の店に雇った女性から試合前に言われた言葉だが的を得ている。私も44歳という中年であり、最近は何かにつけてすぐ歳のせいにしてしまう。これでは何とも情けない。いくつになってもちゃんと目標をもってそれに向っていくことが大切なことなのだと気付かされた映画だった。

« やっぱり自分はナマケモノ | トップページ | 谷選手に学んだこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり自分はナマケモノ | トップページ | 谷選手に学んだこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ