« 谷選手に学んだこと | トップページ | タクシー運転手さんとの会話 »

2007年9月21日 (金)

カロリー表示に戸惑う

 メタボを自認している自分はあまり清涼飲料水は飲まない。主に飲むのはお茶かウーロン茶、あるいはカロリーオフのスポーツドリンクといったところだ。ただ決して嫌いなわけではない。そこで最近、自販機でついボタンを押してしまうのが、”コカコーラ・ゼロ”だ。 カロリーオフの表示のものは”オフ”と書いてありながら、”0”ではなく、100ml当り20kcal以下は認められている。

 この”コカコーラ・ゼロ”の表示を見ると、確かに”0kcal”と表示してある。つまり、お茶やウーロン茶と一緒だというわけだ。ただ飲んでみるとかなり甘い。おそらく人口甘味料を使っているのだろうし、大手の飲料メーカーが偽装表示などやる訳がないと信じて飲んでしまう。でも疑心暗鬼には違いない。

 数年前から、コンビニやファミレスなどでは各商品やメニューにカロリー表示されていることが多くなった。私は気をつけていないとすぐに太るからこれには大助かりだ。何せ1km走った時に消費されるカロリーは体重1kg当り1kcalが目安になる。だから現在、約80kgの自分が1km走ってやっと80kcalが消費されることになるのだ。これを覚えているので、何か食べたくなった時、「ああ、これを食べると△△km走らないといけない」なんてつい考えてしまう。

 こういう考え方をしていると、食べ過ぎたり、飲み過ぎたりはしないようなものだ。しかし気が緩むと悪魔が耳元で囁く。「これを食べても10km走れば良いのだろう」と。そうすると結局、太るサイクルに陥ってしまう。これを何とか断ち切りたいのだが、それには強力なモチベーションが必要なのかもしれない。

« 谷選手に学んだこと | トップページ | タクシー運転手さんとの会話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 谷選手に学んだこと | トップページ | タクシー運転手さんとの会話 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ