« 風化させてはいけない拉致問題 | トップページ | 新しいランニングシューズ »

2007年11月26日 (月)

前途多難(ワースト記録更新中)

 昨日、地元の丹沢湖マラソンハーフの部に参加してきた。紅葉に囲まれた湖と深く澄んだ青空、山の間からは富士山も見えるロケーション。そして極端に寒くはなく風もほとんどない絶好のマラソン日和だ。3年前、この大会(10km)に出たのをきっかけに市民マラソンなるものに惹かれてしまい、ついにはフルマラソンにまで手を出すようになってしまったのだ。

Dscf1275_2 

 ただ正直言って出走は回避するつもりだった。4日の勝沼ぶどう郷マラソンが終ってから、いろいろなことがあって練習する気が起きず10km程度しか走っていなかったからだ。また、1週間前に腰を痛めたこともいけなかった。だから、おそらく満足な走りは出来ないだろうということは分かっていた。でも、ここで逃げてしまえばまたズルズルと悪い方向に進んでしまいそうに感じたので、走れるところまで頑張ってみようという気になった。

 ハーフ参加者は総勢900名ぐらいか。心なしか例年より多く感じる。マラソンブームが後押ししているのかなぁ。自分はとりあえずゴールすることだけが目標なのでとにかくゆっくり走ることを心掛ける。コースは湖の周回道路なので極端な急坂はないもののやはり上りはきつい。それでも紅葉に包まれた景色を見ながら走っていると何とか中間地点を過ぎ、一番キツイ上り坂もクリアできた。このままだと遅いけれど歩かずにゴールできるかもしれないと思ったが、そうは甘くなかった。

 15km過ぎの給水所で水分をとってから体が鉛のように重くなった。呼吸は苦しくないけれど脚が思うように前に進まない。ダラダラと上り坂が続く。あと少し行けば下りになろうかという17km手前でとうとう気力がなり歩いてしまった。これ以降何人に抜かれたか分からない。でもそんなことは全く気にならず”這ってでもゴール”という思いだけが何とか体を動かした。結局、2年前の記録より25分も遅くなってしまった。制限時間も7分オーバー。(本来なら失格なのだがこの大会は最後まで完走と認めてくれる。)

 せっかく難関の抽選に当たって出場できることになった東京マラソンまであと2ヶ月半。今、この状況では正直言って走りきることは難しい。何とか気持ちを立て直してモチベーションを上げ、練習しなければならないと痛切に感じるのだった。Dscf1285

 

   

« 風化させてはいけない拉致問題 | トップページ | 新しいランニングシューズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/17198273

この記事へのトラックバック一覧です: 前途多難(ワースト記録更新中):

« 風化させてはいけない拉致問題 | トップページ | 新しいランニングシューズ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ