« 環境変化に対応するしかない。 | トップページ | 対応の悪さに失望 »

2007年11月18日 (日)

勝者と敗者

 今日の東京国際女子マラソン、本命の野口みずき選手が大会新記録で優勝した。晴れていたとはいえ彼女達のようなトップランナーには気温が高めだったし、前半は向かい風という条件の中、まさに圧巻の走りだった。とくに凄いのは、あの高橋尚子選手の失速で有名になった35km過ぎの上り坂もほとんどスピードが落ちることなく走りきってしまったことだ。

 150cmという小さな体なのにあのストライド走法で走る姿は何かオーラを感じさせるものがある。逞しさもある。合宿中、約1,200km/月の走り込みとマラソンではタブーとされていた筋力トレーニングがあってこそあの走りができるのだろう。誰が見ても来年の北京オリンピック日本代表として相応しいと感じるのではないだろうか。

 ただ勝者がいれば敗者がいる。今回の大会は”野口vs渋井”のマッチメークだった。結果は渋井選手が30kmぐらいで失速し惨敗という形になってしまった。でも私の記憶しているところでは彼女はこういう状況になっても必ず完走を果たしている。確か前回も一度立ち止まったが走りきった。ボロボロになりながらもゴールする。これには市民マラソンに参加している自分にとって凄く励まされる。

 ”もう優勝はない、そして北京もない”という絶望的な状況で何が彼女の脚を動かすのか。正直言って、リタイアしたとしても誰も文句は言わないはずだ。だけど彼女はゴールを目指す。とても素晴らしいことではないだろうか。逆立ちしても、50mすら彼女達にはついていけないけれど、この精神力だけは見習いたいと思う。これは単にマラソンだけではなく、人生全てのことに繋がるのではないだろうか。

 

« 環境変化に対応するしかない。 | トップページ | 対応の悪さに失望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/17108992

この記事へのトラックバック一覧です: 勝者と敗者:

« 環境変化に対応するしかない。 | トップページ | 対応の悪さに失望 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ