« 新しいランニングシューズ | トップページ | 何とかならないか、この渋滞 »

2007年12月 4日 (火)

手に汗握った夜

 ここのところ体調不良(頭痛)が続いていてこのブログも疎かになっていた。医者に診てもらったところ血圧が高いということが分かり、薬を飲んで対処している。もともと高血圧体質なところにランニング不足からの体重増、仕事上のストレス、そして気温の低さが影響しているらしい。昨日の流行語大賞ではないけれど”どげんかせんといかん”状況になってきた。(笑)

 自分の停滞ムードを一転させる起爆剤となったのが野球の北京五輪予選だ。野球を観てこんなに興奮したのは久しぶりのことである。何といってもこの緊迫感は堪らないものがあった。日本では一流の選手がまるで高校野球のごとくプレーする。その真剣さは画面を通してダイレクトに伝わってきた。終った後も興奮してなかなか寝付けなかった。ただ、少し水を差したのは、実況のアナウンサーが「負けたら・・・・」を繰り返していたことぐらいか。

 最近、私自身、プロ野球というものをあまり観なくなった。ジャイアンツの成績が振るわなくなってきたことに加えて、一流選手がすぐMLBに行ってしまうことやサッカーなど他のスポーツも面白いと思えるようになったから、何となく飽きてしまったのだ。でも、一昨日、昨日とあの息詰まる試合を観て野球というスポーツの面白さを再認識した。

  

 

« 新しいランニングシューズ | トップページ | 何とかならないか、この渋滞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/17272200

この記事へのトラックバック一覧です: 手に汗握った夜:

« 新しいランニングシューズ | トップページ | 何とかならないか、この渋滞 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ