« 第84回 箱根駅伝往路 | トップページ | 選挙でHPがOKになるらしい。 »

2008年1月 3日 (木)

第84回 箱根駅伝復路

 終ってみれば下馬評どおり駒沢大学の優勝だった。区間賞を1つしか取っていないのにもかかわらず優勝できたということは、各選手がコンスタントに上位に食い込んでいたからだ。総合力が他校に比べて優れていたのだ。また、早稲田、中央学院の頑張りも素晴らしかった。戦国駅伝を象徴するかのような大会だったように思う。

 この箱根駅伝は今回で84回目、第1回は大正時代だ。オリンピックの長距離種目でメダルと獲得するために始まったと聞く。ただ何故それが東京-箱根間という距離になったのかは知らないが、創設した人は今や正月の風物詩になることまで予想したのだろうか。大体、朝7時から午後2時頃まで延々と2日間も生放送する番組なんておそらくこれだけだろう。

 母校の名誉を背負って真摯に走る選手、沿道の応援、東京都心から湘南海岸、箱根、富士、そういった要素が巧みに絡み合っているから観ている者を飽きさせない。今では年末年始の行事も何となく形骸化しはじめている中、この行事だけは伝統と共に生きている。そんなことが視聴率の高さにあらわれているのかもしれない。 

 ただ、残念なことに今回は途中棄権する大学が3校も出てしまった。これは過去最多になるらしい。結局のところ注目される大会のために頑張りすぎてしまうのだろう。こうしたことが一部の人から「箱根駅伝があるからオリンピックのマラソンで勝てない」なんてことを言われてしまう理由なのかもしれない。でも個人的には箱根駅伝があるから長距離ランナーを目指そうとする子供達も多いので一概にそういうことは言えないと思っている。何と言っても、一年の最初に若い人達の情熱を貰えることは本当に有り難いことだ。選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

« 第84回 箱根駅伝往路 | トップページ | 選挙でHPがOKになるらしい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/17565858

この記事へのトラックバック一覧です: 第84回 箱根駅伝復路:

« 第84回 箱根駅伝往路 | トップページ | 選挙でHPがOKになるらしい。 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ