« 危ない、危ない・・・ | トップページ | 冷凍食品も危ないなんて・・・ »

2008年1月27日 (日)

大阪国際女子マラソン

 あらためてマラソンの過酷さを象徴するレースだった。34km付近までトップを走っていた福士加代子選手がその後失速し、フラフラになりながらもようやくゴールするという姿にちょっと涙ぐんでしまった。それでも2時間40分台なのだから素人の自分としては凄いとしか言いようがない。

 私もこの2年で3回、フルマラソンを経験しているが、30kmからは本当に脚が動かなくなるのである。自分の場合は走りこみ不足だが、ふくらはぎだけでなく、腿も痙攣してしまうともう駄目だ。そこからは気力を振り絞り、何とか歩いてでもゴールにたどり着くしかないのだ。だから福士さんの最後の2kmの辛さが痛いほど分かる。

 普通ならこうしたトップランナーは失速して、自分の記録が狙えなくなった段階で途中棄権してしまう。無理をすれば選手生命にも関わる恐れがあるからだ。まして優勝候補筆頭に挙げられた選手があんなにボロボロの姿を見せることはどれほど辛かったことだろう。それでも完走した福士選手は精神的に強いのだと思う。このことを良い経験として今後に生かしてもらいたい。本当にお疲れさまでした。

 あと一言。こういう真剣なレースで過剰な演出をするのは止めてほしい。何で選手がまだ走っているのにBGMを流すのか?せめてエンディングまで待つべきだと思うのは自分だけなのだろうか?何かつまらないところで興ざめしてしまった。

   

« 危ない、危ない・・・ | トップページ | 冷凍食品も危ないなんて・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/17861593

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪国際女子マラソン:

« 危ない、危ない・・・ | トップページ | 冷凍食品も危ないなんて・・・ »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ