« タクシーの禁煙はありがたいけれど。 | トップページ | 迷走するハンドボールについて思うこと »

2008年1月 8日 (火)

飲酒運転は危険運転にならないのだろうか。

 被害者のご両親はどんな気持ちでこの判決を聞いたのだろうか?今日、一昨年夏、幼児3人が亡くなった福岡市飲酒運転追突事故の判決公判があった。判決は危険運転致死傷罪による懲役25年の求刑に対して、業務上過失致死傷罪と道路交通法違反の懲役7年6ヶ月であった。

 私は法律の専門家ではないが、これが危険運転じゃなければ、もうほとんどの事故で危険運転なんて証明できないんじゃないかと思えてしまう。事故の瞬間をカメラか何かで記録でもしていない限りとても無理だ。そもそも飲酒した状態で正常な運転が出来ていないでいいのではないか。つまり、酒を飲んで運転した段階で危険運転にすべきだろう。

 裁判所はよく言われるように”疑わしきは罰せず”というところなのだろうから、こうした判決が出ても仕方がない。ある意味で被害者感情は排除されてしまう。そもそもこの法律は飲酒運転による悲惨な事故を防ぐためにつくられたのに、結局は我々の意図するところと法律の間で大きな溝があることになる。今回のことで世論が盛り上がって法律が改正されることを望む。

 本来、このブログには特定の事件や事故のことは書かないつもりでいたが、この判決を聞いてどうしてもいたたまれなくなり、こうした悲惨な事故を少しでもなくして欲しいと願って、自分なりの感想を述べることにした。

« タクシーの禁煙はありがたいけれど。 | トップページ | 迷走するハンドボールについて思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/17622419

この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒運転は危険運転にならないのだろうか。:

« タクシーの禁煙はありがたいけれど。 | トップページ | 迷走するハンドボールについて思うこと »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ