« 【準備完了】東京マラソンEXPO | トップページ | 東京マラソン2008・・・その2 »

2008年2月18日 (月)

東京マラソン2008・・・その1

 朝7時、新宿の駅を降り都庁へ向う地下道を歩く。もの凄い人の波だ。地下道を抜けるあたりでゼッケンのチェックを受ける。天気は快晴だがとにかく寒い。前方にはミールサービスがあって、バナナ、パン、スポーツドリンク、スープなどを無料で配っている。さっそく頂く。近くで着替え荷物をまとめトラックに預けるのだが、何十台も並んでいるので探すのが一苦労だ。遅れると混乱するので早めの行動が大切になる。去年は20分以上掛かったが、今年はあまり並ばずにトイレを済ますことが出来た。

 8時。スタート地点への誘導が始まる。ゼッケン番号の最初に書いてあるアルファベット順にスタートゾーンが区切られている。ただここで入ってしまうと身動きが取れなくなってしまうので、位置の確認だけしてウオーミングアップを始める。そして30分後、スタートゾーンに入る。前方を見れば人の群れ、上空にはヘリが3機も飛んでいてうるさい。あとは寒さに震えながら、ひたすらスタートの瞬間を待つのだ。

 9時10分。スタートの号砲。遥か前方で紙ふぶきが舞うと同時に参加者から大きな歓声が上がる。身震いするぐらいの感動が沸き起こる。いよいよこれから長い旅が始まる。徐々に隊列は動き出すがでも歩く程度の早さだ。6分後、ようやくスタートラインを切る。もうすでに沿道には多くの人だかりが出来ており、感激もひとしおだ。

 新宿の大ガードを抜けると靖国通りは人で埋め尽くされている。圧巻としか言いようのない光景だ。若干、下り坂のせいもあって順調に進む。新宿厚生年金会館、防衛省を過ぎると、もうすぐ5kmの給水ポイントだ。そしてここでトイレに行く。意外と待たなかったので助かった。出来るだけ余力を残そうとペースを抑えて進む。沿道からは大声援が送られている。そのうち内堀通りに入った。右手に皇居を見ながら日比谷公園を目指す。昨年は日比谷の交差点でトップグループとすれ違うことが出来たが、今年はペースを落とした分、間に合わなかった。ここからは箱根駅伝のルートだ。

 反対車線には早いランナー達が折り返してくる。レベルの違いを実感するも自分は自分のペースを言い聞かせ、ひたすら品川の折り返し地点を目指す。去年は霧で霞んだ東京タワーもくっきりと見え、東京を走っている実感が湧く。そして三田を過ぎる頃から、反対車線の人が増えてきた。折り返しまではもうすぐだ。15km。まだまだ体力的には余裕がある、足にマメも出来ていない。精神的にも余裕があった。ただ、まだ残り27kmもあるのだ。この時点では自分がどこまで耐えられるかは予想出来なかった。(続く)

 

« 【準備完了】東京マラソンEXPO | トップページ | 東京マラソン2008・・・その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/40171839

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マラソン2008・・・その1:

« 【準備完了】東京マラソンEXPO | トップページ | 東京マラソン2008・・・その2 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ