« 暫定税率の廃止で本当に大混乱するのか? | トップページ | 長寿医療制度に思うこと。 »

2008年4月 2日 (水)

4月1日に大混乱するんじゃなかったのか?

 昨日、平成20年度がスタートを切った。ほとんどのマスコミ各社はガソリン値下げの話題をトップにしていた。まあ大混乱になっている絵を撮りたかったのだろうが、そんなにパニックになっているような映像は流れていなかった。私の住んでいる田舎でもガソリン価格が下がっているところが多かったが、列をつくって並んでガソリンを購入しているような光景は見なかった。

 だいたいガソリン価格が2‐30円下がったところで買える量は決まっているし、これみよがしに車で遠出する人なんてそんなにはいないうことだ。何といっても昨日から食料品関係の値上げが一斉に始まっているのだから、ガソリンで浮いたお金なんてその分で吸収されてしまうだろう。パニックが起きるとすれば、再値上げをするときだ。私だって一回分ぐらいは安いうちに入れて置こうという気になるのだから。

 そうしたら今度は、「どこどこの道路建設が中止になった」とか「この渋滞はそのままでいいのか」なんていう論調で、地方の歳入不足による生活不安を煽っている。まあ、私自身、全面的に野党を応援するわけではないけれど、こういう状況になると、ほとんどの国民が税金の使われ方について真剣に考えるんじゃないのか。

 誰も税金を払いたくないわけじゃない。ただ、天下り団体に12兆円とか道路特定財源でマッサージチェアや豪勢な旅行に買われていたなんてことが分かれば、そりゃあ嫌になるのは当然だ。そもそも誰が必要な道路なるものを決めているかだってよく分からない。歳入不足で困るというなら、まず最初にこうした無駄遣いを止めさせる仕組みを作ることや道路建設の透明性を確保した上で、それでも足りないから国民にお願いするというのが筋なのではないだろうか。

« 暫定税率の廃止で本当に大混乱するのか? | トップページ | 長寿医療制度に思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暫定税率の廃止で本当に大混乱するのか? | トップページ | 長寿医療制度に思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ