« 今度は本気か?サマータイム導入。 | トップページ | 何が人の良心を奪ったのか。        (秋葉原通り魔殺傷事件) »

2008年6月 7日 (土)

やはり魔法の水着なのだろうか。

 昨日、今日、行われた競泳の五輪壮行試合で、スピード社の水着を着た選手が日本新記録を連発している。ほとんどの選手がまだ調整段階にも関わらず、これほどの成績を残すのはやはり水着の効果が大きいということなのだろう。

 ”今年に入って競泳で世界新記録を出している選手の大半がスピード社の水着を着用していた”というニュースは4月頃から話題にのぼるようになった。そして、”日本水泳連盟はアシックス、デサント、ミズノの3社とだけしか水着の契約をしておらず、この魔法のような水着を日本選手が着用出来ないのは不利なのではないか”という論争が起こった。そこで3社に対して、スピード社に対抗することが出来る水着の開発を急遽依頼したのだが、それが叶うことはないという結果になった。

 気の毒なのは選手達だ。今まではこれほどまでに水着に注目されることはなかった。すでに多くのスポンサーを抱えてしまっている以上、なかなかスピード社の水着を着用することは出来ないのに、この水着に関することばかりのコメントを求められる。北島選手などは【泳ぐのは僕だ】とプリントされているTシャツを着て登場するぐらいだから、相当、憤慨しているに違いない。でも彼自身今回の大会でスピード社の水着を着用し、2つの日本新記録を出してしまったのだから、心中穏やかではないだろう。

 結局、日本水泳連盟は今回の結果を見て、スピード社の水着着用を認めるようである。ただ個人的にメーカーと契約している選手はどうなるかは微妙なところだが、4年間の努力を水着の優劣で決められては堪らないから、今、一番良いとされるものを使用して、悔いの残らないように闘って欲しいものだ。

« 今度は本気か?サマータイム導入。 | トップページ | 何が人の良心を奪ったのか。        (秋葉原通り魔殺傷事件) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度は本気か?サマータイム導入。 | トップページ | 何が人の良心を奪ったのか。        (秋葉原通り魔殺傷事件) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ