« 子猫が車に乗ってきた。② | トップページ | 【ブログ復活】北京五輪の野球惨敗に思うこと »

2008年7月 7日 (月)

子猫が車に乗ってきた。③

 子猫を飼うようになって今日で一週間が過ぎた。動物病院の検査でも何ら問題はなく、今では家の中を駆け回り、餌もよく食べるしトイレも完璧だ。そして自ら気に入った寝床を作り、長々と体を伸ばして眠る。その姿はとても可愛い。今の若い人の言い方なら”萌え”だろう。(笑) 飼ってみればお行儀は良いし人懐っこいので私の両親もすっかり気に入り、毎日が子猫中心の生活になってしまった。もともと猫好きなのである。

 ただ飼うことを嫌がっていたのは、以前飼っていた猫のことが思い出されたからだろう。難産で苦しみ、そして病気になった。2、3回ほど手術もした。30年ぐらい前だと、この辺の田舎では近くに動物病院などはなく、私の母が電車とタクシーを乗り継いで通っていた。夜、具合が悪くなると親父が車で運んだ。そして退院して帰ってきたときの猫は声も変わりとても辛そうに見えた。それでも段々と衰弱していき、最後の一週間ぐらいは”もう頑張らなくてもいいから・・”と声を掛けざるを得ないくらい苦しんで亡くなっていった。親父はその時、「この猫は家の不幸を背負ってくれたんだ」なんて泣かせる台詞をはいた。と同時に、”こんなに辛いのはもう嫌だからペットは二度と飼うのは止めよう”と家族皆で決めたのだった。

 しかし今回、3回も私の車に乗ってくるのだから、きっと何か縁がある猫なのだと感じたのだろう。幸運を運んできてくれる招き猫になるに違いない。出来れば宝くじでも当たってくれないだろうかなどという下品な願いもあったけれど、この猫の幸せそうな寝顔を見るだけで、とても癒されてしまう私なのであった。(終)

Dscf1326_2

« 子猫が車に乗ってきた。② | トップページ | 【ブログ復活】北京五輪の野球惨敗に思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/41765008

この記事へのトラックバック一覧です: 子猫が車に乗ってきた。③:

« 子猫が車に乗ってきた。② | トップページ | 【ブログ復活】北京五輪の野球惨敗に思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ