« 子猫が車に乗ってきた。③ | トップページ | 第28回富士吉田火祭りロードレース »

2008年8月23日 (土)

【ブログ復活】北京五輪の野球惨敗に思うこと

 この一ヵ月半、次々とマイナートラブルに見舞われてしまい、とても呑気にブログを書くという気になれなかった。もうとっくに厄年を終えたのになぜだろうか。ようやく今日になっていろいろな問題も片付き、再び書く気力が湧いてきたのでボチボチと書いていこうと思う。

 さて北京オリンピックも明日で終わる。いろいろ感動する場面は多かったが、特に一昨日、女子ソフトボールでの金メダルは上野投手の熱投とも相まってテレビの前で絶叫した。そして表彰式で君が代とともに日の丸が掲揚されていくところではうれし涙が溢れた。もう言葉にできないくらい感動したのである。

 ところが昨日、野球の日韓戦での惨敗に、そんな高揚感も一転、奈落の底に突き落とされたのだ。そして今日、3A主体のアメリカにも破れてしまい、メダル獲得には至らなかった。私を含め多くの日本人がスポーツと言えば、一番多く目にしているのがプロ野球であり、近年では、イチロー、松井、松坂といった大リーガーを輩出しているだけに期待も大きかった。まして「金メダルしかいらない」と言って乗り込んだ挙句の結果だったから、観ている方としては憤懣やるかたない。

 原因は人選ミス、采配ミス、選手の気迫不足など、いろいろ考えられるだろうけど、根本的な原因はストライクゾーンや使用球等、国際ルールへの対応ができていなかったからなのではないか。試合後知ったことだが、今回躍進を遂げている韓国は前回の反省を元に全て国際ルールに統一したという。そして、オリンピック期間はリーグ戦を中止して、球界全体でバックアップしている。こうした点で差をつけられたことは大きい。

 いくら選手が一流だからといって、たった10日間やそこらの合宿で普段とは違うボールやストライクゾーンに対応できるはずがない。審判のレベル云々の問題ではないはずだ。抜本的に見直す必要がある。何はともあれ、今回の惨敗はプロ野球のメッキが剥がされたような感じがしてショックが大きい。もし、今後もWBCなど国際大会に出場して好成績を望むなら、プロ野球から少年野球に至るまで国際ルールに統一することが必要なのではないだろうか。

 

« 子猫が車に乗ってきた。③ | トップページ | 第28回富士吉田火祭りロードレース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/42250786

この記事へのトラックバック一覧です: 【ブログ復活】北京五輪の野球惨敗に思うこと:

« 子猫が車に乗ってきた。③ | トップページ | 第28回富士吉田火祭りロードレース »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ