« 【平成の米騒動】開いた口がふさがらない! | トップページ | しらけた自民党総裁選 »

2008年9月20日 (土)

【映画】パコと魔法の絵本

 ここのところニュースを見れば、毒米、年金偽装、リーマンショックなどと何か暗いものばかりなので、たまには映画の感想でも書こうと思う。

 映画「パコと魔法の物語」。私は映画館へはほとんど独りで行くので、こうした子供向けのタイトルは受付時にちょっと恥ずかしい。だから、この夏大入りしている「崖の上のポニョ」もそれが大きな理由で観られないのだ。だけど、この作品は監督が「嫌われ松子の一生」の中島哲也氏で、キャストを見れば、役所広司をはじめ国村準、阿部サダヲ等、演技力では定評のある役者達が出演しているのでとても興味を持ったのだ。しかもネットでの評判も良い。

 劇場に入ると平日の昼間だからそんなに人はいないのだが、かなり小さい子供を連れた親子が数組いる。途中で騒いだり泣いたりしないだろうかと不安だったがそれは杞憂に終わった。上映が始まって数分間は映画の世界に溶け込めずちょっと引いていたが、偏屈な大金持ちのじじい(大貫)と1日しか記憶の持たないパコちゃんとの話になると、どんどん引き込まれていった。

 何といってもパコちゃんが不幸な境遇に遭いながらも明るいし可愛い。そして彼女に何とか思い出を残そうとする大人達の姿が心を打つのだが、それを極彩色の映像とコメディータッチで描いているのであまり重い感じにはならない。むしろ笑える部分が多い。だから涙が出ながらも笑えると言う不思議な感覚になるのだ。

 「嫌われ松子の一生」ではあの悲惨な物語をミュージカル風にしてオブラートに包みながら、それでいて主題は外さなかった。今回の「パコと魔法の絵本」ではさらに進化して子供でも楽しめて大人は泣けるという宣伝文句のとおりの作品に仕上がっている。やはり中島監督の手腕は凄いと思う。もう一度、じっくり観賞したくなった。

« 【平成の米騒動】開いた口がふさがらない! | トップページ | しらけた自民党総裁選 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/42531599

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】パコと魔法の絵本:

« 【平成の米騒動】開いた口がふさがらない! | トップページ | しらけた自民党総裁選 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ