« 麻生内閣誕生について思うこと | トップページ | 世界恐慌になるのだろうか? »

2008年9月28日 (日)

中山大臣辞任でご祝儀相場は吹っ飛んだ?

 麻生内閣が24日に発足したばかりなのにもう閣僚が辞任することになった。中山国土交通大臣だ。私はマスコミが都合良く編集してその一部の発言を強調して失言を煽るような言葉狩りは嫌いだが今回は違うようだ。特に日教組に絡む発言では明らかに持論を展開している。

 私自身、日教組という組織は何かよく分からない部分があって、本当に日本の教育界に良い影響を与えている組織なのかどうか理解しかねることがある。だけど、単なる一私人の私が言うならまだしも、国務大臣が「私が先頭に立って日教組をぶっ壊す」ということをマスコミのいる前で発言すればさすがにまずいだろう。こんなことぐらい大臣だって分かっているはずだ。

 早期解散を促すつもりなのか、それとも内閣支持率を下げて解散を長引かせるつもりなのか、いずれにしても所信表明演説を前にこうした言動を行うのは理解できない。完全に内閣の足を引っ張ってしまった。麻生首相は謝罪しないわけにはいかないだろう。発足当初からこの体たらくではがっかりする人も多いと思う。果たして今回の辞任劇が次期衆院選にどういう風に影響を与えるか、とても興味が湧いてきた。 

 

« 麻生内閣誕生について思うこと | トップページ | 世界恐慌になるのだろうか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/42621791

この記事へのトラックバック一覧です: 中山大臣辞任でご祝儀相場は吹っ飛んだ?:

« 麻生内閣誕生について思うこと | トップページ | 世界恐慌になるのだろうか? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ