« 2009年元日の出来事 | トップページ | 【祝 東洋大】第85回箱根駅伝復路 »

2009年1月 2日 (金)

【激戦】第85回箱根駅伝往路

 今年の箱根駅伝・往路は激戦と言っても良いくらい見ている人にとっては面白かった。記念大会で23チームが出走しているし、区間新記録が4つも出ているのに復路繰上げスタートがたった2チームしかないのだから、各チームの実力差はほとんどないのだろう。

 私見だが、箱根駅伝が他の駅伝と違って面白いのは、①お正月という時期、②各区間が約20kmもあること、③箱根の山登り、④東京箱根間というロケーションの良さ、⑤2日間競技、ということだ。特に箱根の山登りがあるために、普通の駅伝なら逆転できないようなタイム差もそれが可能になってしまう。

 今回も5区、9位でタスキを受けた東洋大の柏原選手がトップと約5分の差をひっくり返してしまった。しかも山の神と言われた順大の今井選手のタイムを約40秒も上回っている。これには身震いした。しかも一度抜いた早大の三輪選手に再度追いつかれた後、振り切ったのだから凄い精神力だ。明日の新聞一面は彼一色だろう。

 それにしても、優勝候補筆頭に挙げられていた駒澤大学がトップと約8分差の15位とは残念だ。1区で出遅れてしまったため、各選手が焦って実力を発揮できなかったのかもしれない。箱根駅伝は持ちタイムだけでは勝負できないということが良く分かった。

 そして、復路。これは本当にどうなるか分からない。優勝争い、シード校争い、無念の繰上げスタート等、明日もラジオ・テレビに釘付けになることは目に見えている。選手達には悔いのないよう一生懸命頑張って欲しい。応援するぞ! 

« 2009年元日の出来事 | トップページ | 【祝 東洋大】第85回箱根駅伝復路 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/43614886

この記事へのトラックバック一覧です: 【激戦】第85回箱根駅伝往路:

« 2009年元日の出来事 | トップページ | 【祝 東洋大】第85回箱根駅伝復路 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ