« 2009年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2009年3月

2009年3月24日 (火)

【祝優勝】WBC2連覇に酔う

 WBC決勝で死闘とも言える韓国戦に勝った。野球を観ていてこんなに痺れたのは多分初めてだろう。もう心臓はバクバクだったし、目を開けていることさえ辛かった。

 正直言って、もっと点が取れる試合だった。だけど、韓国チームは要所要所で抑えてきた。あと1本出れば・・・、観ている者としてはとても歯がゆい。それでも3対1になった時、これはもう大丈夫だろうと思った。それでも相手は許さなかった。何より対戦チームが日本だと120%の力を発揮する国だ。9回裏ダルビッシュが重圧に耐え切れず土壇場で同点とされる。一打サヨナラのピンチ。心臓が止るかと思うくらいだったが何とか抑えてくれる。

 そして延長10回。内川の上手いヒットから2死2.3塁のチャンス、バッターはイチロー。もう祈るしかない。何度もファールで粘る。その都度、安堵のため息とともに力が入る。そして、値千金のセンター前タイムリーヒット、私はどれだけ歓喜の雄叫びをあげたかわからない。この場面で打てるというのは神がかり的だ。

 その裏、ダルビッシュは先頭打者を四球で出す。やはり緊張感が彼を苦しめているのだろうか、悪い予感がよぎるものの、その後は圧巻の投球をして、最後のバッターを三振。涙が出るくらい嬉しかった。何度、ヤッター!と叫んだか分からない。

 選手諸君、それを纏めた原監督、コーチ、裏方の人、感謝、感謝だ。物凄くテンションが上がった。本当に久しぶりだ。こんな良い気分にさせてくれてありがとう。

 

 

« 2009年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ