« 今、一番心配していること | トップページ | 関係者、ボランティアの皆さん、ありがとう。大雨の山中湖ロードレース »

2011年5月27日 (金)

ドラマ「女王の教室」の名セリフと震災後の私

 今から6年前、NTV系列で「女王の教室」というドラマがあった。クラスを支配する女教師(阿久津真矢)と小学校6年生の児童との1年間にわたる「闘い」を描いたものである。当時は内容の過激さから賛否両論の反響を呼んで物議を醸したこともあったと記憶している。

 その1話で阿久津先生のこんな台詞がある。「・・・社会なんです。・・・イメージできる?彼あなたたち凡人が、安い給料で働き、高い税金を払うことで成り立っているんです。 そういう特権階級の人たちが、あなたたちに何を望んでいるか知ってる? 今のままずーっと愚かでいてくれればいいの。 世の中のしくみや、不公平なんかに気づかず・・・・」

(全文は誤解を生じる可能性があるので控えます)

 震災後、原発事故関連での政府の対応や大本営発表のような報道を見聞きして、この台詞の一部を思い出した。当時は”言いえて妙だなぁ”ぐらいの感じだったが、今では胸に突き刺さる。原発事故は過少に評価され結果的に多くの人が被曝した。今日もデータの未公表があったと発表された(怒)。震災復興名目で増税しようとしているし、TPPも諦めていない。これ以上デフレを進行させてどうするんだ。正直なことを言った学者、ジャーナリスト、タレントは表舞台から排除されている。この他にもおかしいと思えることが多すぎるではないか。それでも得するのは誰だろう?

 ただ自分も反省するところがある。私は世の中の事には関心があった方だが結局は何も行動してこなかった。耳の痛い話からは避けていた。選挙には行っていたけれど、候補者の話なんてまともに聞いたことがなく雰囲気で決めていたかもしれない・・・。自問自答したあげく、少なくとも自分でできることは何かしよう、行動しよう、そんな思いが災害ボランティアに繋がったのかもしれない。

 でも1度行っただけではやり残し感が強く、まだ自分の中では納得していない。本来なら中小企業支援で行きたいところだが、地味な活動実績では現地派遣に登録していてもなかなかお呼びがかからない。次はどういう行動をしたらいいか?いろいろ思案している。

« 今、一番心配していること | トップページ | 関係者、ボランティアの皆さん、ありがとう。大雨の山中湖ロードレース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今、一番心配していること | トップページ | 関係者、ボランティアの皆さん、ありがとう。大雨の山中湖ロードレース »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ