« 節電は大切だけど…、マスコミに告ぐ「隗より始めよ」。 | トップページ | 【ブログ更新】そうか、あれはUHFコンバーターだったんだ! »

2011年6月24日 (金)

ADSL修理顛末記。やっと私も光の道へ。

  今は比較的サクサク繋がっているけれど、2、3日前からインターネット接続が頻繁に途切れて困っていた。よく考えてみたらもっと前から昼間は繋がりにくかった。ITコーディネータなんて肩書も持っているから、ADSLの特性は少しは理解していたけれど原因を探るべくいろいろ調べた。 

 とにかくADSLはいろいろなノイズを拾ってしまうデリケートなものだ。だから、モジュラージャックからモデムまではツイストペアでノイズケアの付いたコードに取り換えた。そして、モデムも出来るだけモジュラージャックに近い所に置いた。それから、3時間もかけウイルスチェックをやった。だけど、一向に好転しない。仕方なくサービスにメールしたところ、すぐに反応があり、今日、修理する人が来てくれた。(おお、素早い対応!)

 まずは外にある保安器をADSL対応の物と替え、そして、モジュラジャックも替えた。そうしたら、サクサク繋がるようになった。おお、素晴らしい。ただ、その人は意味深なことを言って帰った。「モジュラージャックにガス機器関係の配線も繋がっている。ひょっとしたら、これが影響してるかもしれない」と。そして、「これで様子をみて駄目だったら、また連絡を下さい」ということになった。帰った後は、サクサク繋がる繋がる。「やっぱり違うなぁ」なんて思っていたら30分後、また、元の木阿弥に。仕方なくもう一度電話(リンリン)。

 ガス会社にも連絡を取って、その配線も切断してもらった。その途端、スピードも上がって満足していたのに、またしても30分後、元の木阿弥に。またまた来てもらう。3度目だ。何か申し訳ない気分。あと改善する余地は建物内部の配線を取り換えることぐらいしかないということになった。それでもちゃんと繋がるかどうかはやってみないと分からないらしい。今までは絶妙なタイミングで繋がっていたんだ。

 このアパートは古いし、アパートごと光回線には出来ないだろうと思っていたら、高くなるけど戸別タイプなら接続できるということが分かった。しかも独自に引いている部屋もあるらしい。調べてみたら料金的にも初期割引があるので、今とほとんど変わらないじゃないか。今まで悩んでいたのは何だったんだ。早速、光に替えることにした。ちょっと高くはなるけれど、これでサクサク繋がるなら安いもんだ。悩みも解消してスッキリできた一日だった。

 

« 節電は大切だけど…、マスコミに告ぐ「隗より始めよ」。 | トップページ | 【ブログ更新】そうか、あれはUHFコンバーターだったんだ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ