« 今度は「特定避難勧奨地点」か。原発事故はどこまで人を傷つけるんだろう。 | トップページ | 「フランスに空輸された静岡茶から規制値以上の放射性セシウムが検出された」というニュースを聞いて思うこと。 »

2011年6月17日 (金)

震災復興に名を借りた東京オリンピック誘致は止めて欲しい。

  今日、石原都知事が東京都議会の所信表明で東京オリンピック誘致を口にした。2016年の誘致活動に150億円もの大金を使って失敗したのに、性懲りもなくまた誘致活動をするのか。しかも、会見では震災云々を話していたようだけど、それを利用するなと言いたい。

 私は石原都知事が東京マラソンを強引にでも開催したことには感謝している。また、ディーゼル車の排ガス規制にも拍手した。だけど、それ以外の新銀行東京問題とか築地移転問題、今回の震災に対する”天罰”発言には憤りを覚える。4月の都知事選だって、間際まで出ないと言っておきながら出馬し当選した。都民はなんて寛大なんだろう。

 今回の震災や原発事故で身に染みて分かったことは、東京の繁栄は地方の犠牲の上になりたっている点が多いということだ。確かに原発を誘致した自治体には補助金等が下りて一時的に潤ったかもしれないけど、全く関係がない地域でも避難せざるをえなくなった人達が大勢いる。住む土地や仕事を奪われ放射線に曝され発がんのリスクさえ高まった。こんな人達がいるのに「天罰」とまで言ったんだ。

 そして今日発言したオリンピック誘致。正直がっかりした。まだ震災復興や原発事故収束の目途すら立たないのに、このタイミングで話す必要があるだろうか。そんなにオリンピックが招致したいなら東京が資金的な援助をして、仙台を拠点に東北開催を目指すというなら歓迎する。だけど、あくまでも東京開催に固執するのならエゴの固まりのように感じてしまう。東京だけ潤えば良いのだろうか。よく考えて欲しい。

 

« 今度は「特定避難勧奨地点」か。原発事故はどこまで人を傷つけるんだろう。 | トップページ | 「フランスに空輸された静岡茶から規制値以上の放射性セシウムが検出された」というニュースを聞いて思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ