« 南相馬災害ボランティアagain【6日目】今日の行動と雑感 | トップページ | 南相馬災害ボランティアagain【8日目】活動最終日 »

2011年7月29日 (金)

南相馬災害ボランティアagain【7日目】被災地ニーズ発掘ボランティア

 今日は「被災地ニーズ発掘ボランティア」に参加してきました。この活動の目的は2つ。一つ目は自転車で一軒一軒お話を伺って、ボランティアで作業できそうなことを聞いてくること、もう一つは被災者の方のお話を伺って、精神的に少しでも楽になってもらうことや、被災地をボランティアが巡回していることを知ってもらって勇気を与えることです。

  この活動を企画された責任者は3か月前から申請していたようですが、ようやく自転車部隊の活動が始まったのは1週間前とのことでした。私も前回ここに来たとき、こういうことをしないとなかなかニーズが掴めないだろうと思っていたので、まさにベストタイミングでした。

 自転車は20110729_093013台湾からの支援物資で、南相馬市には20台が贈られてきたそうです。今日は総勢10名、途中で3班に分かれて、一軒一軒訪ねていきました。当然、留守のお宅もあるのですが、2軒目に伺ったお宅のご主人とは1時間以上もお話をし、ボランティアニーズを聞くことができました。

地震当時のことは勿論、ご家族の事、原発事故の事様々な話をしてくれました。笑ながら話してはくれますが、やはり、先行き不透明なことが心配なようでした。

 最初のうちは、「家は津波の被害がほとんどないから、大丈夫ですよ」というお宅が多いそうですが、話し込んでいくうちに、「そう言えば、こんなことはやってもらえるのですか?」という具合になることがあるそうです。また、「一度ボランティアさんに来てもらったから、もう一度頼むのも気が引ける」、「我が家より、あそこのうちの方が大変そうだから後でもいい」などという思いがあって、ボランティアセンターへの依頼を躊躇されている方々も多いのです。ですから、こうして回って、ニーズを聞いてくることは大事だと思えます。

 

 そうして聞いてきたニーズをボランティアセンターに連絡して、そこから被災者と打ち合わせてもらうような形にしています。実際、ボランティアでは出来ないこともあるので、ちゃんと話し合いを行って齟齬を生じないようにしなければなりません。今日の段階では、まだシステムが完全ではなかったので、その時、どの地域を回ったのか、どんな話が出来たのか、あるいは不在だったのかというような情報が継承されていませんでした。そのため何度も同じ地域を回ったりして非効率になっていました。そこで、今日の午後からはルール作りを行い、そのルールを伝達していくような形式で効率アップに繋げていってもらうことになりました。

 未曽有ともいうべき災害があったのですから、僅か4~5か月でボランティア作業が無くなってしまう訳ではありません。今日、被災地を自分の脚で回ってみて、まだまだ支援が必要な事が分かりました。そして、南相馬に対する思いがより強くなった1日でした。明日は今回のボランティア活動最終日、最後まで注意を怠らず頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 南相馬災害ボランティアagain【6日目】今日の行動と雑感 | トップページ | 南相馬災害ボランティアagain【8日目】活動最終日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/52340923

この記事へのトラックバック一覧です: 南相馬災害ボランティアagain【7日目】被災地ニーズ発掘ボランティア:

« 南相馬災害ボランティアagain【6日目】今日の行動と雑感 | トップページ | 南相馬災害ボランティアagain【8日目】活動最終日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ