« 南相馬災害ボランティアagain【1日目】再びポニー牧場にやってきた。 | トップページ | 南相馬災害ボランティアagain【3日目】 »

2011年7月24日 (日)

南相馬災害ボランティアagain【2日目】のべ8日目にして初めて海を見た。

 南相馬市にはボランティアセンターが原町区と鹿島区の2か所にある。宿泊地からは鹿島区の方が近いのだが、「今日は人手が足りそうなので原町の方でお願いします」ということで、原町VCに行った。

 前回は20~25名で行ったので現場単位で入ったが、通常はVCにメニューが提示されていて、希望の作業を選ぶようだ。今回は6名全員同じ作業をしようということと、体力があるうちはハードな作業ということで、家財出しを選んだ。全国各地から集まった総勢15名がチームを組む。目的は一緒なれど、初めて顔合わせする面々だ。

 現地は海から約600mぐらい。VCから現場に向かう途中、ここにきて初めて海を見た。母屋は完全に倒壊したが、離れが2軒もあるお宅。離れと言ったって、私の実家と変わらない。その1軒は震災から4か月も経っているのに、全く手付かずの状態で室内には家財が散乱している。リーダーの指示に従い、家の中から物を出していく。どうしたらこんな風になるんだろうと思う位、メチャクチャだ。家自体も基礎から3メートルぐらいずれている。今日のお宅は水が3mぐらいまできていた。間一髪裏の高台に逃げられたので助かったのだそうだ。

 前回は、この家財出し作業が終わった後の泥出し作業が多かったが、今回の家財出し作業は津波被害のままの状態から始めるので、津波の凄まじさは嫌というほど分かる。しかも、 幸い、今日は風が涼しかったので体力的にはありがたい。皆、淡々と作業を続けるものの、それでも泥まみれの畳、カーペット、布団、衣類、箪笥、ありとあらゆる物が折り重なって作業の手を阻む。しかもガラスの破片も至る所にあるし、平屋とはいえ足場も悪い。必然と声を掛け合う。今日、初めて会って名前すら分からない人達なのに、徐々に片付いていくから不思議だ。時間ギリギリまで頑張って、一応、大方のものは片付いた。その後、VCに戻って、皆さんとお別れ。まさに一期一会だ。

 今回はこういった形で新たな交流が生まれることも期待している。そして作業も家財出しや泥だし以外にもトライしてみたい。適度な疲労感のある充実した一日だった。明日からも事故や怪我の無いように注意しながら作業に取り組みたい。

 

  

 

« 南相馬災害ボランティアagain【1日目】再びポニー牧場にやってきた。 | トップページ | 南相馬災害ボランティアagain【3日目】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/52295704

この記事へのトラックバック一覧です: 南相馬災害ボランティアagain【2日目】のべ8日目にして初めて海を見た。:

« 南相馬災害ボランティアagain【1日目】再びポニー牧場にやってきた。 | トップページ | 南相馬災害ボランティアagain【3日目】 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ