« また出た~「ただちに~というものではない!」 | トップページ | 災害派遣等従事者等証明書の相談に行って思うこと。 »

2011年7月 6日 (水)

強いものの味方をするマスコミに辟易する

 昨日、松本復興大臣が辞任した。就任後わずか9日らしい。原因はやはり宮城県知事に対する恫喝がまいの言動だろう。あれは見ていて非常に不快な気分にさせるし、国と県て主従関係だということがあからさまになった瞬間だった。

 ただ、この場面、東北放送が放映しなかったらおそらく誰にも分からなく、当初、他のマスコミが言っていたように、”叱咤激励”という表現で終わっていただろう。あのシーンが叱咤激励になってしまう、信じられない。結局、最後に大臣が言った「これオフレコだから、書いたらその社は終わり」という脅しに屈したばかりでなく、持ち上げるような表現になったのだ。本来ならマスコミは権力の監視の役目を持たなければならない筈なのに、その後の圧力を恐れて言うなりになってしまったのだろう。

 その後、東北放送やそのキー局のTBSが報道し、世論が”大臣、けしからん”というようになるにつれて、今度は大臣を総攻撃するということになった。まず、自分達が大臣に屈してしまった姿勢を国民に詫びてからにして欲しいものだ。

 こういうパターンは冤罪問題や検察問題、原発問題なども全て一緒だ。旗色を見て態度を変える、しかも、間違えていたことは謝らない。結局、国民のことよりも自分達が如何に上手くやっていくかとしか思えないのだ。とにかく今は何か問題発生すると、同じような論調になる。これが怖い。もうそろそろ、マスコミも自分達の姿勢を改めないと、そのうち痛い目に遭うよ。

« また出た~「ただちに~というものではない!」 | トップページ | 災害派遣等従事者等証明書の相談に行って思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ