« 南相馬災害ボランティア3rd【5日目】常連ボランティアの素敵な面々 | トップページ | 南相馬災害ボランティア3rd【7日目】松川浦遊歩道の整備 »

2011年8月30日 (火)

南相馬災害ボランティア3rd【6日目】仮設住宅へ支援物資を配ってきました。

 今日は支援物資の配布という作業を行った。先月とほぼ同じ内容で、午前中は日用品、タオル、石鹸、マスク、ティッシュペーパー、シャンプー、洗剤、洗浄用アルコール等を袋に詰めて、午後からは取りに来た方にお渡しする。前回は対象世帯が700軒以上だったが、今回は70軒程度までになっているため来場する人は少ない。その代わり、それを仮設住宅までお届けする作業も加わったのでそちらに行った。

 我々の行った仮設住宅は約200世帯分が設置されている。平日の昼間ということもあって、在宅している確率は少なく、そういう場合は不在票を入れてくる。3人一組になって順番に各家庭に持っていく。今日は総勢6命。どんなものを配るかというと、午前中袋詰めした日用品、2Lの水二本、団扇、虫除けスプレーである。

 仮設住宅の玄関先で渡すので、中の様子は良く分からないが、6畳2部屋、台所、バス、トイレといったところだろうか。一覧表にあるお名前と人数を確認し、手渡ししていく。「こんなに頂いちゃって良いんですか?」「重い荷物を・・・ご苦労様です」。最初は元気なさそうな方々も物資を渡すと、笑顔でこう返してくれる。だけど「頑張って下さいね」という言葉は胸に詰まって出ない。「よろしくお願いします」が精一杯だ。

 とある一棟では、ペットの犬を飼っているお宅もある。ペットも家族だから当然だが、悪い言葉で言えば昔の長屋と同じような造りなので、ご近所同士の理解が必要で、同じ一角に住むようになっているのだろう。本当はもっと話を聞いてあげるべきなのかもしれないが、配布作業メインなので、簡単に説明したら移動せざるを得ないのは残念だ。でも、こういう生活の一端を直接知ることができたのは、意味のあることだった。何とか50軒に配り終わり、支援物資配布拠点にもどった。

 ここで働くボランティア以外の方々とは先月も同じ作業をしたので、かなり親しくなれた。ただ、次回はいつ来れるという確証はなく、今日で最後なのかもしれない。そう考えると、少し寂しい気になるが、いつか正常な生活に戻った時には絶対に来ようと思うようになった。南相馬は、それくらい愛着のある土地になった。原発事故が完全収束し、早く復興して欲しいと切に願う。

« 南相馬災害ボランティア3rd【5日目】常連ボランティアの素敵な面々 | トップページ | 南相馬災害ボランティア3rd【7日目】松川浦遊歩道の整備 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/52607573

この記事へのトラックバック一覧です: 南相馬災害ボランティア3rd【6日目】仮設住宅へ支援物資を配ってきました。:

« 南相馬災害ボランティア3rd【5日目】常連ボランティアの素敵な面々 | トップページ | 南相馬災害ボランティア3rd【7日目】松川浦遊歩道の整備 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ