« 南相馬災害ボランティアagain【総括】災害ボランティアから生活支援ボランティアへ | トップページ | 都合の悪いことは報道しないのか。 »

2011年8月 3日 (水)

年甲斐もなく興奮してしまった。長岡花火大会のユーストリーム生中継♪

 良い時代になったもんだ。この2日間、ユーストリームで長岡大花火大会の生中継を観れたからだ。昨夜は途中からしか観れなかったけれど、今夜は最初から観たから感動倍増だ。以前から、確かに凄いとは聞いていた。ただ、自分の知識としては、日本で一番大きな3尺玉が上がることや、山下清画伯の「長岡の花火」ぐらいだ。

 まず、普段見慣れている花火大会と違うのは、花火が上がる前に女性アナウンサーが花火の種類やスポンサー、メッセージの紹介を行った後に「打ち上げ開始でございます♪」って言ってから始まる。この言葉がやけに耳に残るけど、決して嫌味なものではなく期待感を抱かせてくれる。

 次に花火の大きさに驚く。ほとんどが尺玉(直径30cm)の花火。ノートPCの小さな画面で観ていてもその迫力が伝わる。凄い。そしていよいよ正三尺玉。これが上がる時には、何故かサイレンが鳴る。5寸玉、尺玉と上がった後に本命が上がるから、その大きさが分かるという手筈だ。それから見たこともないような演出が始まる。天地人花火とかフェニックスと言われる音楽と一体になった、超ワイドスクリーンの花火だ。画面に収まらないくらい何か所からも打ち上げられ、音楽ともマッチしてもう芸術としか言いようがない。観ていて涙がでてくるくらい感動してしまった。

 毎年、テレビ東京で放映される隅田川花火大会は観るけれど、タレントのコメントが多くて辟易としていた。しかし、このユーストリームでは、メインはあくまでも花火で、それに解説を載せるというシンプルなものだったから凄く良かった。でも残念ながら、PCでは音の迫力や振動はあまり伝わらない。それは仕方のないことだ。やはり、それを味わうためには現地で生で体感しないといけないということだ。すでにネットでいろいろ調べてしまった。近い将来、絶対現地に行って観ようと思う。

 

« 南相馬災害ボランティアagain【総括】災害ボランティアから生活支援ボランティアへ | トップページ | 都合の悪いことは報道しないのか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/52384216

この記事へのトラックバック一覧です: 年甲斐もなく興奮してしまった。長岡花火大会のユーストリーム生中継♪:

« 南相馬災害ボランティアagain【総括】災害ボランティアから生活支援ボランティアへ | トップページ | 都合の悪いことは報道しないのか。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ