« 「Windows 8」が開発者向けに発表されたようだけど…。 | トップページ | 小泉訪朝から9年が過ぎて思うこと。 »

2011年9月16日 (金)

「原発事故補償の申請に大きな壁 」(ブルーグバーグ)というニュースを読んで。

 ブルーグバームのニュースサイトにこんな記事が載った。「原発事故補償の申請に大きな壁-200ページ超の請求案内に怒りの声(http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920019&sid=aAaptHdS49YY

 東電と国はどれだけ被害者を苦しめるんだろう。さすがに日弁連も問題点を指摘し、声明を発表したようだ。詳細な書類の内容は分からないけれど、説明書だけで約160ページ、申請書類が約60ページと聞いただけで、辟易する。まさか書類をポンと送って、「いつまでに提出して下さい。」なんてことにはならないと思うけれど、こういうのは加害者側が一軒一軒回って説明するのが筋ではないのか。

 官房長官から念のための措置だと言われ避難させられて、結局はいつ帰れるのか分からないまま、避難生活を強いられ、財産はどうなるか分からない、仕事もどうなるか分からない、その上、こんな書類を読まされるのは辛いし、まして領収書云々の添付なんて言われたら、はらわた煮えくり返る思いだろう。

 仮にこの交渉を不服として損害賠償を訴えようと思っても、警戒区域は入れないのだから、被害額を算出するのは至難の業だし、裁判になったらなったで、相当な年月がかかってしまうだろう。やはり日弁連の声明にあるとおり、費用は東電がもった上で、法律の専門家が個別対応し請求する方法がベストなのかもしれない。そうでなければ泣き寝入りする人達がきっと出てくる。

 このような原発事故の後始末をみるだけでも、その罪深さが分かる。この件について、原発推進派の方々は、どういう解決策を提示してくれるのだろう。是非、聞いてみたいものだ。

 

 

« 「Windows 8」が開発者向けに発表されたようだけど…。 | トップページ | 小泉訪朝から9年が過ぎて思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/52748358

この記事へのトラックバック一覧です: 「原発事故補償の申請に大きな壁 」(ブルーグバーグ)というニュースを読んで。:

« 「Windows 8」が開発者向けに発表されたようだけど…。 | トップページ | 小泉訪朝から9年が過ぎて思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ