« 今西憲之氏にジャーナリスト魂を感じる。 | トップページ | なでしこJAPAN、ロンドン五輪出場権獲得おめでとう!女子サッカーが根付くと良いな。 »

2011年9月 7日 (水)

「エネルギー政策 展望なき「脱原発」と決別を(9月7日付・読売社説)」に物申す!

 今日の読売新聞の社説には頭にくるのを通り越して呆れ返った。こんな話は最低でも原発事故が収束してからの話だろう。まずは読売新聞本社を南相馬市に建ててから書いてくれ。これを書いた記者は実際に南相馬市に行って地元の人と話をしたことがあるのか。皆、心の底では目に見えない恐怖と闘っているんだぞ。

 私は恥ずかしながら、この事故があるまで原発を強固に推進したのが、元読売新聞社社長の正力松太郎だとは知らなかった。そして、原子力村と呼ばれる人々が自分たちの利権構造をどんどん固めていく過程も初めて知った。結局、自分もそいつらに洗脳されていたということになる。親の都合で購読しているけれど、もう絶対に洗脳されないと誓っている。

 彼らはよく安全な原発というけれど、だったら東京湾岸の埋立地に造れるのか?疲弊した地方は金で釣ろうと考えているかもしれない。だけど、一旦、事故が起こったらその土地に住めなくなるかもしれないし、補償だって曖昧なことがはっきりしたのに、どこが受け入れるというのだ。

 だいたいこの社説には肝心なことが書かれていない。放射性廃棄物処理のことだ。消費税論議では、「子供たちの世代にツケを残すな!」みたいな財務省べったりの記事を載せるくせに、子供どころか何世代も先にツケを残す放射性廃棄物のことなんて殆ど書かない。欺瞞に満ちているといっても過言ではない。

 アメリカやフランスが引き取ってくれるのか?それともモンゴルが引き取ってくれるのか?ガラスコーティングして地中深くにうめるのか?はたまた、どこぞの学者が言うように日本海溝に沈めるのか?まず、その解決策を示してからじゃないと、何ら説得力を持たない。日本は技術立国なんだし、新しい産業にもなり得るんだから、新エネルギー創出を目指すというのが筋だと思う。

 

« 今西憲之氏にジャーナリスト魂を感じる。 | トップページ | なでしこJAPAN、ロンドン五輪出場権獲得おめでとう!女子サッカーが根付くと良いな。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。9月7日の読売社説で検索しててたどり着くことができました。おっしゃるとおりです。胸の晴れる思いです。言葉にしてくださってありがとうございます!

コメントありがとうございました。311前だったら、こういうことは書かなかったかもしれません。ただ、南相馬に行ってボランティアをしてみると、少しでも自分の意見を発信しなければいけないと思うようになりました。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/52673476

この記事へのトラックバック一覧です: 「エネルギー政策 展望なき「脱原発」と決別を(9月7日付・読売社説)」に物申す!:

« 今西憲之氏にジャーナリスト魂を感じる。 | トップページ | なでしこJAPAN、ロンドン五輪出場権獲得おめでとう!女子サッカーが根付くと良いな。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ