« 「エネルギー政策 展望なき「脱原発」と決別を(9月7日付・読売社説)」に物申す! | トップページ | 「死の町」発言を聞いて考えたこと。 »

2011年9月 9日 (金)

なでしこJAPAN、ロンドン五輪出場権獲得おめでとう!女子サッカーが根付くと良いな。

 私は7月のW杯で優勝するまでは、女子サッカーなんてほとんど興味がなかった。男子に比べれば、スピード、テクニック、戦術には劣るからだ。でもW杯で見せた、ひたむきな姿勢に感銘を受け、今回のロンドン五輪予選にも注目するようになった。

 11日で5試合、最初は聞く耳を疑ったけれど、この暑い時期にやるスポーツとしては、いささか強行すぎる。しかも明るい時間が多い。W杯優勝後、マスコミの取材とかなでしこリーグ再開とか、満足に休養がとれているとは思えなかった。本当に大丈夫なんだろうかと心配した。

 その心配のとおり、タイ、韓国、オーストラリアと一応、3連勝したけれど、W杯の時と比べると、格段に運動量が落ちているのが分かった。ボールに対する反応が鈍い。それでも勝ったのだから地力はあるのだろう。今日の北朝鮮戦、最初からは見れなかったが、ほぼ一方的に押し込まれていたようだ。明らかに北朝鮮の方が運動量、気迫が勝っていた。

 それでも後半37分、一瞬のチャンスをものにしたのは素晴らしい。オウンゴールとはなったけど、あれは北朝鮮の選手に非はない。問題はその後だ。1点リードしたら、日本チームはそれまでとは打って変わって、動きが良くなりパスが繋がるようになった。そして、宮間選手がコーナーキックを蹴る時、佐々木監督から”キープ”の指示。まだ5分もあるのに、もう時間稼ぎ?あれで流れが変わったように思う。しかも、交代枠がまだ2つもあるのに、それも使わず疲れきった選手をそのまま使った。これがロスタイムの同点劇に繋がる布石になったのではないだろうか。終了後の選手達は負けたような表情だった。

 最終戦はホームの中国だから何となく嫌な予感が漂ったのだが、夜の試合でオーストラリアが中国に勝ってくれたおかげで、ロンドン五輪への出場を決めた。今回の五輪予選は手に汗握る展開が多かったけれど、多分、選手のコンディションが悪かったのだろう。そういう面を考慮すれば何はともあれ素直に”おめでとう!”と言いたい。

 

« 「エネルギー政策 展望なき「脱原発」と決別を(9月7日付・読売社説)」に物申す! | トップページ | 「死の町」発言を聞いて考えたこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/52681084

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこJAPAN、ロンドン五輪出場権獲得おめでとう!女子サッカーが根付くと良いな。:

« 「エネルギー政策 展望なき「脱原発」と決別を(9月7日付・読売社説)」に物申す! | トップページ | 「死の町」発言を聞いて考えたこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ