« 「中日・落合監督の今季退任」のニュースを聞いて思うこと。 | トップページ | 30数年前、遭難しかけた話で盛り上がった夜。 »

2011年9月23日 (金)

石破茂氏の「『核の潜在的抑止力』維持のため原発続けるべき」という話に唖然とした。

 何気に2chを覗いていたら、。「『核の潜在的抑止力』維持のために原発は続けるべき」自民党石破政調会長のこんな記事が目についた。(http://www.news-postseven.com/archives/20110921_31301.html)もっとも、この記事がどう編集されているかわからないので一概には言えないけれど、本人が否定しているような気配はないので、似たようなことは言ったのだろう。

 石破氏は原発維持は潜在的核抑止力の維持というけれど、すでに30トン近いプルトニウムを持っているのだから、材料はいくらでもあるんじゃないの?と素人の私などは思ってしまう。研究開発だけなら、商用で原発がある必要はないのではないか?あるいは原発がなければ、原子力を研究する機関、人材が枯渇する恐れがあるからなのか?そして、そもそも54基も必要だったのか?突っ込みたくなる点は多々ある。

  私は原発事故が起こって以降、原発問題は右とか左とかはあまり関係ないし、ことさら煽るのもおかしいと思っていた。先日もIWJの岩上安身さんと一水会顧問の鈴木邦夫さんの対談を聞いて、真に国土を守りたいと願う右翼の方はちゃんと筋が通ってるなと感心した。

 だから、まだ福島第一原発事故が収束していないし、多くの人が住む家がありながら避難生活を強いられている中でこういうインタビュー記事が掲載されたことはとても残念でならない。「死の国」発言はけしからん、などと口では同情しながら、心の底では違うことを考えているのが垣間見えてしまった。被災者の事なんて二の次みたいだ。いろいろな意見があって良いとは思うけれど、原発推進を口にするなら、まずは「事故の収束と放射性廃棄物の処理をどうするのかをハッキリ提示してからにしてくれ!」と思うのは自分だけだろうか。

 

« 「中日・落合監督の今季退任」のニュースを聞いて思うこと。 | トップページ | 30数年前、遭難しかけた話で盛り上がった夜。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/52812773

この記事へのトラックバック一覧です: 石破茂氏の「『核の潜在的抑止力』維持のため原発続けるべき」という話に唖然とした。:

« 「中日・落合監督の今季退任」のニュースを聞いて思うこと。 | トップページ | 30数年前、遭難しかけた話で盛り上がった夜。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ