« 東日本大震災から半年が過ぎて。 | トップページ | 「Windows 8」が開発者向けに発表されたようだけど…。 »

2011年9月12日 (月)

たまには気分転換。伊豆半島を一周して昔の自分と比べてみた。

 ボランティアから帰ってきて10日以上経つ。特に強行日程ではなかったので肉体的には何にも疲れていないし、夜だって良く眠れるのに、何となくテンションが上がらない日々が続いていた。確かに現在、自分の置かれている状況は経済的に超不安定で、先行きも全く見えないけれど、それは当初から見越していたことであって、今日明日、破綻するようなこともない。気分転換に私の一番好きな場所に行ってみた。南伊豆の弓ヶ浜だ。

Imgp0253
 サラリーマン時代、主に担当していた営業先が伊豆半島にあったので、だいたい週一回は回っていた。弓ヶ浜はルートからは外れるけれど、行き詰った時や落ち込んだ時に立ち寄って、ただこの景色を20~30分眺めていた。すると結構、気持ちが楽になった。

 会社を辞めてからも、気分転換をしたい時、何か難しい問題を抱えた時には来るようにしている。今日はまだ暑かったので海水浴客もいたが、秋から冬にかけては人も少なく本当に落ち着ける場所なのだ。

 その後は、たいてい石廊崎から妻良(めら)、子浦、雲見を通り松崎に出るが、今日は一度、下田に戻り婆娑羅峠経由で松崎に出た。このルートは当時、良く通っていた道だ。たいてい無理難題を背負って走っていた辛い道のり。そして松崎から西伊豆へ。ここでもお客さんがあって、さらに難問を抱えることが多かった。今となっては良い思い出だが、あの頃はそんな余裕はなかった。只々、沼津の事務所に帰って解決策をどうひねり出すかに終始していたように思う。

 それから安良里、宇久須を通って土肥に出る。途中に”恋人岬”があるけれど華麗にスル―(笑)。普通ならここから船原峠を越えて天城湯ヶ島に向かうが、今日は戸田から大瀬崎経由で行ってみた。20年ぐらい前は道が狭く難儀したが、今ではだいぶ道が広がって、ところどころに見晴らし台みたいのが出来ている。戸田もこんなに綺麗に見えた。

Imgp0263_2
 このルートを通る時は、運転中に問題解決の目途がつかず、あまり早く事務所に帰りたくなくて、駿河湾に沈む夕日と富士山を見て気を紛らわせたかったからだ。いつも何かに追われ、それをこなすのにやっとだった。あれから自分はどれだけ成長したのだろうか。まあ、今もあまり変わってないし、あの頃より経済的にははるかに厳しいけれど、こんなにのんびり富士山を眺める余裕はなかったかもしれない。

Imgp0271_3
 
 今日は天気も良く、この時期にこんなに富士山が綺麗に見えたのも珍しい。明日からパッと未来が開けるわけではないけれど、諦めずに前向きにいこうという気持ちになれたことは大きな収穫だった。 

« 東日本大震災から半年が過ぎて。 | トップページ | 「Windows 8」が開発者向けに発表されたようだけど…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/52713628

この記事へのトラックバック一覧です: たまには気分転換。伊豆半島を一周して昔の自分と比べてみた。:

« 東日本大震災から半年が過ぎて。 | トップページ | 「Windows 8」が開発者向けに発表されたようだけど…。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ