« 佐野眞一著「津波と原発」を読んで思うこと。 | トップページ | 東海大の菅野君は日ハムに行って欲しい。 »

2011年10月31日 (月)

10月30日、フジテレビ「報道2001」の調査結果を見て思うこと。

昨日のフジテレビ報道2001で発表された今週の調査では、内閣支持率、政党支持率の他にTPPに関する質問が3つ入っていた。これを見ると、結局、アンケートに答えた人はTPPがどういうメリット、デメリットも分からないのに、賛成している人が多いという結果になっている。http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/index.html

(無断転載はいけないと思うのでURLのみ)

 なぜなら「説明をしているが分かりにくい」「説明が不十分」と答えている人が約95%もいるのに、それで賛成が約65%、反対が約24%となっている。結局、雰囲気で流されているということになるのではないだろうか?

 一応、ページでは問5の結果を大きく取り上げているように見えるけど、この順番で質問しているとしたら問題だ。問3では賛否をいきなり聞き、問4で交渉を始める時期、問5で国民への説明が十分かどうかを聞いていることになる。だから、こういういい加減な結果になる。本来なら、説明が不十分だったり分かりにくかったりする人が大多数なら、賛否については「分からない」となる筈なのではないだろうか?分からないのに賛否を問うなら、その理由項目がないとあまり意味のあるアンケートとは言えないのではないか。

 サンプルについても「10月27日、首都圏の成人男女500人を対象に電話調査」というアバウトなものだから、これをもって「首都圏の人達の考え方」ということにはならない。本来なら性別や年齢構成を提示する必要がある。

 マスコミ各社は何かというと、すぐに世論調査を行うけれど、質問内容は公表しても、質問の仕方やサンプルの属性については詳細を発表しない。これでは片手落ちという以外にない。近年、マスコミの信用度が下がっているけれど、こうしたことも大きな要因の一つであることを認識すべきではないだろうか。

 

« 佐野眞一著「津波と原発」を読んで思うこと。 | トップページ | 東海大の菅野君は日ハムに行って欲しい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/53131235

この記事へのトラックバック一覧です: 10月30日、フジテレビ「報道2001」の調査結果を見て思うこと。:

« 佐野眞一著「津波と原発」を読んで思うこと。 | トップページ | 東海大の菅野君は日ハムに行って欲しい。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ