« 「10.8 福島市渡利地区の住民説明会」を観て思うこと。 | トップページ | 高嶺の花になってしまった東京マラソン(泣) »

2011年10月10日 (月)

本当にこんなことをやるつもりなのか?「外国人1万人、航空券無料で日本に招待」

 「外国人1万人、航空券無料で日本に招待」(観光庁が11億円の概算要求)http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111009-OYT1T00814.htm

 1ヵ月ぐらい前は、外務省がこんな計画を立てているなんて聞いたけど、結局、観光庁で概算要求を出してきたのか。これって、ある意味、”ヤラセ”のような気がする。あるいは”サクラ”とでも言った方が良いかな。日本に来て貰って良いことを、ブログ、ツイッター、フェイスブックで拡散させようというのが狙いなんだから、航空券を貰いたかったら、計画申請で思いっきり”よいしょ”するのではないか。私だって他国で同じようなことをするなら、悪いことなんて書こうとは思わない。

 まず、東日本大震災で観光客が激減している一番の理由は原発事故じゃないのか。事故当初からマスコミとリンクして、「風評被害」を連呼しているけれど、情報公開がいい加減だったからこういうことになっているのではないのか。例えば、チェルノブイリ事故の時、(冷戦中だったので簡単には行けなかったけれど)、日本からどれほどソ連に行きたいと思う人がいただろうか。

 ましてこの円高も手伝って、よほど余裕がない人以外なかなか来れないだろう。チケットを送って貰った人は喜ぶけれど、それに釣られて来ようと思う外国人が多くいるとは思えない。これを考えた人たちは、自分達が逆の立場だったらということを考えていないようだ。

 とにかく原発事故を収束させた上で、放射線量が低いことを証明しなければ話にならない。海外メディアが20㎞圏内に入って自由に取材出来るくらいになれば、少しは変わると思う。しかし、相変わらずこの地域はブラックボックスになっているのだから、何か重大なことを隠しているか、事故を過小評価しようとしているようにしか思われない。だいたい今までの放射線量の基準値を平気で20倍まで引き上げましょうなんて言っている国が信用されるわけがない。

 個人的には、こんなお金があるのなら、除染費用の足しにするか、子供を疎開させるための費用にするか、あるいは今、原発事故収束のために被曝しながら働いている無名の方々の待遇改善に使って欲しいと思う。

« 「10.8 福島市渡利地区の住民説明会」を観て思うこと。 | トップページ | 高嶺の花になってしまった東京マラソン(泣) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/52958616

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にこんなことをやるつもりなのか?「外国人1万人、航空券無料で日本に招待」:

« 「10.8 福島市渡利地区の住民説明会」を観て思うこと。 | トップページ | 高嶺の花になってしまった東京マラソン(泣) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ