« 「ちょっと憂うつな予言-紙の出版は将来こうなる。」という記事を読んで思うこと。 | トップページ | 今の日本の状況って、太平洋戦争前に似てないだろうか? »

2011年10月 6日 (木)

「説明責任」なんて言わないで、素直に「辞めろ!」って言った方がスッキリするんじゃない?

 今日、小沢一郎民主党元党首の初公判があった。まあ、マスコミ各社は鬼の首を取ったように大騒ぎだ。その話はともかくとして、2000年ぐらいからか、政治家に何か問題があると、しきりに「説明責任を果たせ!!」という声が大きくなった。もともと「説明責任」なんていう言葉は、企業がステークホルダーに対して決算などを説明するというような会計用語だったように思う。

 ところが政治家に対して使われている意味は、疑惑があったら正直に説明して納得を得ることということだ。今までいろいろな政治家が説明責任を問われてきた。松岡元農水大臣は自殺したし、赤城元農水大臣は辞職した。どうすれば説明責任を果たしたことになるのか。それは疑惑を素直に認めて辞めることしかない。認めなければ、これでもかと粗を探し次から次へとかさにかかったようにマスコミを通じて攻撃が続けられるのである。これと似たような言葉に「任命責任」というのもある。だから「責任をとって辞めろ!」って言った方が分かりやすいと思うけど、そうすると言った方も攻撃されかねないから、「説明責任」を連呼するのだろう。

 かつて連合赤軍事件があって「総括」という名のもとに10数名の若者が凄惨なリンチを加えられ亡くなった。被害者はリーダーから些細なことで総括を要求され、彼らの筋書き通り認めれても認めなくても、最終的には死に至った。「総括しろ!、総括しろ!」と無抵抗の被害者を皆で殴ったらしい。だいたいどうすれば総括が終わるのか明確な基準がないのだから、延々を続く。坂口死刑囚の書いた「あさま山荘」に詳述されているけれど、身の毛のよだつ思いだ。

 これは今、言われている「説明責任!」と同じではないだろうか。日本一の捜査機関が証拠不十分で不起訴にしたのに、確たる証拠も存在しないのに叩き続ける。無罪を証明することは出来ない。だから推定無罪なのに、それすらも否定する判決が下される。私はこの状況に賛成することは、リンチに加わるのと一緒だと思う。こう書けば戦前の時のように非国民扱いする輩も出てくるだろう。恐ろしい世の中になったものだ。

« 「ちょっと憂うつな予言-紙の出版は将来こうなる。」という記事を読んで思うこと。 | トップページ | 今の日本の状況って、太平洋戦争前に似てないだろうか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/52925732

この記事へのトラックバック一覧です: 「説明責任」なんて言わないで、素直に「辞めろ!」って言った方がスッキリするんじゃない?:

« 「ちょっと憂うつな予言-紙の出版は将来こうなる。」という記事を読んで思うこと。 | トップページ | 今の日本の状況って、太平洋戦争前に似てないだろうか? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ