« 高嶺の花になってしまった東京マラソン(泣) | トップページ | 第88回 箱根駅伝予選会の結果を見て思うこと。 »

2011年10月14日 (金)

展示会の思い出。

 おととい東京ビッグサイトにとある展示会を見学に行った。ああいう場所っていうのはなかなか落ち着いて見られない。コンパニオンや出展企業の説明員が至る所で声をかけてくるから大変だ。だから長居できなかった。ゆりかもめに乗って新橋に向かう途中で、25年前のことを思い出した。

 入社して半年経つか経たないかぐらいの時期だった。業界の展示会が浜松町であった。日曜日だけれど、まだ商品知識の乏しい新人は出席することになっていた。前の日に飲み過ぎたこともあって、一応、顔を出したらすぐに帰るつもりでいた。同期の友人と会場を後にして、駅に着いた時、信じられないことに、私の担当していた得意先のお客さん2人(私より10歳以上は年上)とばったり出くわしたのだ。得意先は沼津市にあり、まして休日なので、まさか展示会に来るとは思っていなかった。

 「我々は見学したので、それじゃあ、ごゆっくり(^'^)」なんて、新人の私には言えず、「ご一緒しましょうか?」という営業文句を言ってしまう。二日酔いの身には辛い。会場に引き返し一通り見直した。「それでは我々は、お先に(^'^)」って言えれば良かったのかもしれないけれど、「どこかで食事くらいしませんか?」などと心裏腹なことを言ってしまう。遠慮してくれると思った。だが、甘かった。「せっかく東京に来たんだから、浅草に行こう!」。「えっーーーーーー!」。心の中で叫んでいた。

 浅草まで行き、適宜観光、そして食事だ。当然、ビール付き。二日酔いの自分には地獄だ。まだ新人で会社の接待ルールなんて知らない。まして、私の得意先は子会社のような存在なので特別接待などする必要はないのだ。それでもお客様であることは違いないから、支払いはこちらでもった。簡単には処理できない額だけど、一応、領収書は切ってもらった。それから2軒目、3軒目とエスカレートしていかなかったことだけは幸いだった。

 翌日、上司にかくかく、しかじかと報告する。「新人の分際で何やってるんだ!」と怒られるとばかり思っていた。一応、「おまえ、どういうことか分かってるのか?」とは言われた。「分かってるつもりでしたが、成り行き上、仕方ありませんでした」と素直に話したら、「これこれこういう具合に精算しろ!」と言ってくれた。普段は口が悪い上司だったが、この時ばかりは頼りになるなぁと感謝した。今となっては、古き良き思い出である。

 

« 高嶺の花になってしまった東京マラソン(泣) | トップページ | 第88回 箱根駅伝予選会の結果を見て思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/52990731

この記事へのトラックバック一覧です: 展示会の思い出。:

« 高嶺の花になってしまった東京マラソン(泣) | トップページ | 第88回 箱根駅伝予選会の結果を見て思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ