« TPPの首相会見と慎重派の会見、これこそ茶番と言うのではないか。 | トップページ | 結果を知ってから見る「太平洋クラブマスターズ」(笑) »

2011年11月12日 (土)

試合以上に面白い「巨人の内紛劇」

 昨日、国会でTPPの集中審議が行われている最中、巨人の清武球団代表が文科省で渡辺恒雄会長の悪行を告発した。来季の人事で岡崎ヘッドコーチを内定し承諾を得ていたのにもかかわらず、鶴の一声で江川氏に切り替える暴挙に出ようとしたというのだ。

 

 ちなみに私は巨人は好きだけど、読売新聞や渡辺恒雄会長は嫌いだ。あの自分達が絶対的に正義であるという横暴さは酷すぎる。ルールがあるのにそれを都合の良いように解釈する。自分達に都合の悪いことは書かない。今回の事だって、紙面にどれだけ載っているのか?

 

 もっとも巨人が渡辺恒雄氏の私物であることは、誰の目から見ても明らかだ。何年か前、某選手に対する栄養費問題で失脚したかと思いきや、ほとぼりが冷めた頃、再登場し、傍若無人に振る舞っている印象がある。まあ、編集された映像しか見ていないので、本当のところはわからないけれど、プロ野球界を牛耳っていることに間違いはないだろう。

 

 清武代表もよほど腹に据えかねたとみえて、こういう形での発表になったと推測する。文科省での会見も読売系のところでやれば、事前に潰されかねないからだ。私が知っている限り、巨人のフロント内でこういう内紛劇が表沙汰になったことは初めてだ。だから、ある意味野球の試合より面白い。

 

 最近のプロ野球は選手よりも、監督やフロント、人事等に注目が集まるばかりで、肝心の試合内容には触れられなくなった。つい先日は中日落合監督の解任騒動もあった。私自身も今年は震災のせいもあるけれど、ネットで途中経過を見たりするだけで生で観たり聴いたりすることはほとんどなくなってしまった。こういうゴタゴタが続くと、ますます野球離れに拍車がかかりそうな気がする。野球界を変えようというなら、まず渡辺会長は巨人から手を引いて後身に道を譲るべきだ。

« TPPの首相会見と慎重派の会見、これこそ茶番と言うのではないか。 | トップページ | 結果を知ってから見る「太平洋クラブマスターズ」(笑) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/53227769

この記事へのトラックバック一覧です: 試合以上に面白い「巨人の内紛劇」:

« TPPの首相会見と慎重派の会見、これこそ茶番と言うのではないか。 | トップページ | 結果を知ってから見る「太平洋クラブマスターズ」(笑) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ