« 皮膚科で粉瘤というものを切除してもらいました。 | トップページ | 私がプロ野球を面白いと感じなくなってしまった訳 »

2011年11月22日 (火)

「大王製紙前会長、特別背任容疑で逮捕」のニュースを聞いて思うこと。

 今日の午前中「大王製紙井川前会長、特別背任容疑で逮捕」と報道された。逮捕されただけなら書かなかったかもしれないけれど、本人が弁護士を通じて謝罪文を出し、容疑事実を認めているようなので思うことを書きたい。

 このニュースを聞いた時、率直に感じたのが、「自分とほぼ同じ歳なのに、全く違う世界が存在するんだなぁ」だった(笑)。謝罪文によれば、株の先物取引やFX取引で大損した後、カジノに行って一度は大儲けして、それからのめり込んだようだ。ギャンブルに嵌るパターンとしては良くあることだけど、掛け金の次元が違い過ぎる。

 私なんて、情けないことにtotoBIGで600円負けても、「その金があれば500mlの缶ビール2本飲めたのに・・・」という感覚だ(笑)。だから、カジノで100億円負けた?なんて言われても夢にすら出てこない世界の話だ。しかも自分の持っている株を売れば返せるなどとも言っていたらしいから、唖然とする。

 それから井川氏の経歴を見ると、大企業の御曹司、東大法学部卒、42歳で社長就任と、これまた凄い。私なんてこれだけで尻込みしてしまう。普段はどういう生活をしているのだろう。もう羨ましいという感覚を通り越している。

 気の毒なのは社員だ。当分の間は肩身の狭い思いをする。今の世の中、社員の子供達がイジメに遭う可能性すら想像してしまう。融資してしまった子会社の社長連中だって、創業家一族には逆らえなかったのだろう。同族経営の一番悪い面が出た。でも一部上場企業なのだから、監査体制がちゃんと機能していたのかという点も見逃すことはできない。

 井川氏は早々に容疑を認め、個人資産や創業家一族で借金を肩代わりしてもらうことで執行猶予を狙うのかもしれない。だけど個人的な事で会社に多大な迷惑をかけたのだから、やはり、一度は刑務所生活をしてもらって、改めて金銭感覚を養ってもらいたいものだ。

 

 

« 皮膚科で粉瘤というものを切除してもらいました。 | トップページ | 私がプロ野球を面白いと感じなくなってしまった訳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/53308113

この記事へのトラックバック一覧です: 「大王製紙前会長、特別背任容疑で逮捕」のニュースを聞いて思うこと。:

« 皮膚科で粉瘤というものを切除してもらいました。 | トップページ | 私がプロ野球を面白いと感じなくなってしまった訳 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ