« 大阪W選挙―維新の会が圧勝したことを受けて思うこと | トップページ | 丹沢湖マラソンの高評価を町の活性化に繋げられないだろうか。 »

2011年11月29日 (火)

福島産米の安全宣言はなんだったのか?

 福島県知事が高らかにコメの安全宣言をしてから約1ヵ月が経って、福島市大波地区で国が定めた暫定基準値以上のコメが発見された。そして、昨日も伊達市でも発見され、しかも、直売所で販売されていたことも分かった。今のところ福島県知事のコメントは出されていないようだが、信用失墜も甚だしい。

 原発事故が起こってから、国や県、マスコミは風評被害という言葉をしきりに使っている。暗に福島県産の物が売れないのは、放射能に過剰に反応する消費者が悪いような印象を与えてきた。だけど、風評被害の発端は国や県がいい加減な情報を出すからじゃないか。放射能なんて目に見えないし匂いもしないのだから、皆、疑心暗鬼になるに決まっている。

 もう国や県は信用できないからか、小売り大手のイオンなども食品の放射能検査を始めた。消費者だって馬鹿じゃないから、ちゃんと調べてあれば安心するんだ。それが風評被害をなくすための第一の方策だ。こういうことが分からないのが、お役人体質なのかもしれない。

 福島県が地元農家を守ろうとするのは理解できる。であるなら、出来るだけ細かく検査して、目に見える形で消費者に安心感を与えないと、悪い方、悪い方へと進んでいくような気がしてならない。

« 大阪W選挙―維新の会が圧勝したことを受けて思うこと | トップページ | 丹沢湖マラソンの高評価を町の活性化に繋げられないだろうか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/53365500

この記事へのトラックバック一覧です: 福島産米の安全宣言はなんだったのか?:

« 大阪W選挙―維新の会が圧勝したことを受けて思うこと | トップページ | 丹沢湖マラソンの高評価を町の活性化に繋げられないだろうか。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ