« 飯舘村住民懇談会を聞いて思うこと | トップページ | 大阪W選挙―維新の会が圧勝したことを受けて思うこと »

2011年11月26日 (土)

ランニング意欲の低下から立ち直るために、どう気持ちを切り替えていくべきか。

 晩秋。私が一番好きな11月。空は群青色で澄み切り空気も乾いて、朝晩の寒さを除けば、何をするにも気持ちが良い。ランニングには絶好の季節だ。今まで懸念していたアキレス腱痛やふくらはぎ痛は全くない。

 しかし先月、甲州フルーツマラソン(ハーフの部)に出場し、ボロボロになってゴールして以来、1ヵ月以上走っていない。あの時のブログには絶対諦めないというようなことを書いていながら、先週の新東名マラソンも棄権してしまった。もっとも先週は前日発熱したので結果的には出られなかったのだが、すでに11月初めには走り込みが出来ていないので棄権することにしていた。

 確かにあのレースは苦しかったし惨めだった。でもそれは練習量の不足と当日の気温が原因だ。なのに何故か、走る気力が湧いてこない。今は首の後ろや右肩を切開したため、雑菌が入らないように汗を極力抑えている状況だから無理なのだが、30日に抜糸した後、すぐに走ろうという気持ちになれるかどうかも微妙なのだ。これではいけない。でも踏み出せない。何という悪循環なのか。

 今のところ、体重は先月と比べてほとんど変わっていないけれど、今のような生活を続けていれば必ず太ってしまう。そうなると、高血圧や肝機能、血糖の数値に異常が出かねない。特に怖いのは糖尿病だ。この病気にだけはなりたくない。

 ここまで書いてきて気が付いた。そうか、こうやって健康のことばかり考えて、「走らなければいけない」っていう強迫観念にかられているのが、やる気を起こさせない原因なのかもしれない。ちゃんと走れている時は、走っていること自体が楽しかった。そして、充実感があった。そのことを忘れているような気がする。まずは1㎞からでも良いじゃないか。何とか来月1日から、第一歩を踏み出そう。

« 飯舘村住民懇談会を聞いて思うこと | トップページ | 大阪W選挙―維新の会が圧勝したことを受けて思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/53341271

この記事へのトラックバック一覧です: ランニング意欲の低下から立ち直るために、どう気持ちを切り替えていくべきか。:

« 飯舘村住民懇談会を聞いて思うこと | トップページ | 大阪W選挙―維新の会が圧勝したことを受けて思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ