« 「猫ひろし」がカンボジア国籍を取得したことについて思うこと。 | トップページ | 試合以上に面白い「巨人の内紛劇」 »

2011年11月11日 (金)

TPPの首相会見と慎重派の会見、これこそ茶番と言うのではないか。

 今夜の首相会見、メディアはどこもかしこも「野田首相、TPP協議参加へ正式表明」という見出しを打った。ところが慎重派の会見をも見ると、「参加表明ではなく、事前協議に参加すると言ったのだから、こちらの言い分が通った」とか、原口氏に至っては「完全勝利」とまで口に出した。私はIWJのUSTへのコメントで怒りを爆発させてしまった。

 だいたい「TPP参加の交渉の協議に入る」なんて、推進、反対どちらからの立場でも良いように解釈できる表現ではないか。今頃、推進派も慎重派も「やったー!」と喜んでいることだろう。でも、こんな玉虫色の発言、海外で通用するのか?こんないい加減な表現が通用するのは日本だけじゃないのか?

 菅直人元首相が不信任決議の時、民主党の非主流派議員は見事に騙された。傍目に見ると、今回のこともソレと同じように思えるのだ。消防署の”方”から来ましたと言って、消火器を売りつける詐欺師と似たように感じてしまう。

 とにかく今日の衆参予算委員会でも分かる通り、野田首相はISD条項すら分かっていなかった。これは大問題なのにマスコミが取り上げることはない。もう狂っている。どれだけ官房機密費がばら撒かれているのかと疑ってしまう。世論調査という名の世論操作はもうこりごりだ。

 うちの親父などは、お前がテレビや新聞に向かって文句を言ったところで何も変わらないだろうと言う。だけど私は言い返す、そういう事なかれ主義が先の大戦に繋がり多大な犠牲をだしたんじゃないかと。少なくとも俺は騙されない。法律に触れるようなことはしないけど、自分の意志だけは貫く。

« 「猫ひろし」がカンボジア国籍を取得したことについて思うこと。 | トップページ | 試合以上に面白い「巨人の内紛劇」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/53221007

この記事へのトラックバック一覧です: TPPの首相会見と慎重派の会見、これこそ茶番と言うのではないか。:

« 「猫ひろし」がカンボジア国籍を取得したことについて思うこと。 | トップページ | 試合以上に面白い「巨人の内紛劇」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ