« 自分で作ったカキフライ。まだ工夫が必要だ。 | トップページ | 東野圭吾「天空の蜂」を読んで思うこと。 »

2011年12月17日 (土)

「冷温停止状態宣言」は想定内だったけど、「事故収束宣言」は想定外だった。

 昨日、「首相会見を聞いて思うこと」というタイトルで書こうと思っていた。だけど、あまりにも呆れ返る内容で怒りを通り越して失望感の方が強かったので、カキフライのことに切り替えたのだった。

 「冷温停止状態」なる造語は、詭弁の最たるものだと思っていたし、政府の広報機関である官邸記者クラブメディアが、昨日発表すると書いていたので驚かなかったけれど、「事故収束」まで宣言するとは思ってもみなかった。そして、国と東電の統合会見も昨日で打ち切られた。これも大手マスコミからの依頼ということらしい。細野大臣が言ったのだから間違いないだろう。

 だいたい、まだ毎時6000万ベクレルの放射性物質が放出されていると認めているのに「事故収束」なんて良く言えたものだ。1号機に関してはカバーがかけられているけれど、2、3号機なんて原子炉建屋に人も入れない状況じゃないか。溶けた燃料だって、どこにあるのか、どんな状態なのかも分からない。誰が収束したと思うのだろう。少なくとも海外メディアは一様に懐疑的な見方をしてる。

 もう菅政権も野田政権も、私自身は詐欺師軍団にしかみえない。少なくとも重要閣僚と呼ばれる人がテレビに出てくると、すぐに消すかチャンネルを変える。また詭弁を吐き国民を騙しているのかと思うと、頭にきてテレビに物を投げて壊しかねないからだ。まともな政権じゃないんだから何回変わったって良いじゃないか。早くこんな欺瞞に満ちた政権は潰れて欲しい。

 

 

« 自分で作ったカキフライ。まだ工夫が必要だ。 | トップページ | 東野圭吾「天空の蜂」を読んで思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/53506475

この記事へのトラックバック一覧です: 「冷温停止状態宣言」は想定内だったけど、「事故収束宣言」は想定外だった。:

« 自分で作ったカキフライ。まだ工夫が必要だ。 | トップページ | 東野圭吾「天空の蜂」を読んで思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ