« 紅白歌合戦の歌唱曲が発表されたけれど・・・。 | トップページ | 4日間、葬儀の手伝いをして思ったこと。 »

2011年12月21日 (水)

昨日、小説家や漫画家が「自炊」代行業者を提訴したことについて思うこと。

 昨日、小説家や漫画家が「自炊」代行業者を著作権侵害を理由に提訴した。このニュースを聞いた時、非常に複雑な気分になった。個人的にはどちらとも言えないからだ。私自身、本は好きだけれど、経済的な理由で、なかなか単行本の新刊に手が出せなくなった。最近はほとんどが、BookoffかAmazonの中古品を利用している。罪悪感がないわけではないけれど、背に腹は代えられないのだ。廉価で電子書籍が購入できれば、まっさきに利用してしまうだろう。

 今はインターネットの普及によって、音楽はCD購入からネット配信の流れになっている。アメリカではネット配信の方が上回ったと聞く。書籍も同じで、ipadやkindleの普及によって、電子書籍化が進んでいる。もはやこれは止めることが出来ない。

 日本でも音楽ではネット配信が進んでいるが、電子書籍はあまり広がっているようには思えない。著名作家が認めていないというのが大きな理由のようだ。確かに電子化されてしまえば、いくらでもコピーが出来てしまい今までのようには売れなくなる。そうなると、作家としての食べていくのが難しくなるからだ。音楽の場合は、まだライブやコンサートといった生演奏で活路を見いだすことが可能だけれど、書籍の場合はそう簡単にはいかない。作家の創作意欲が減退すれば、将来、このコンテンツの消滅に繋がりかねないのだ。

 でも、どうなんだろう。ただでさえ本を読む人が減っているのに、新たなチャネルを封じ込めてしまって良いのか。スマートフォンやタブレット端末で読めるとなれば新たな購買層を増やせる可能性もある。上手い仕組みで対応できないのだろうか。例えば、今、電子書籍と言えば、本のイメージごとまるまるダウンロードだけれど、動画のようにストリーミング配信するようなことは考えられないか。またはクラウド上に書籍を置いて、IDやパスワード、暗号キーを入力して読む仕組みという方法は駄目なのだろうか?いずれにしても作家が十分食べていく仕組みができれば、この問題は解決するように思う。この訴訟の流れには注目していきたい。

 

« 紅白歌合戦の歌唱曲が発表されたけれど・・・。 | トップページ | 4日間、葬儀の手伝いをして思ったこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/53537688

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日、小説家や漫画家が「自炊」代行業者を提訴したことについて思うこと。:

« 紅白歌合戦の歌唱曲が発表されたけれど・・・。 | トップページ | 4日間、葬儀の手伝いをして思ったこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ