« 「苦役列車」(西村賢太著/新潮社)を読んで思うこと | トップページ | 吉田所長の病名が「食道ガン」という報道について思うこと。 »

2011年12月10日 (土)

年賀状の作成について思うこと。

 今日、年賀状を作成した。パソコンが普及した現在、比較的簡単にできるのは嬉しい。ただ、受け取る方の印象としては手書きに勝るものはないので、せめて一筆加えるようにしている。

 パソコンを使いだすまでは、年賀状作りは億劫な作業だった。子供の頃は、版画や墨流しをやったことがあるけれど、大人になるにつれて枚数も増えてきてきてしまったためだ。まして年賀状の受付開始日に出したこともなければ、何年か送らなかったこともある。

 そのうちパソコンを持つようになり、プリンターもカラーが普及し始めた頃、年賀状に挑戦した。windows95が発売された頃かもしれない。ただ、当時はプリンターの速度が遅かった。宛名は比較的早かったけれど、デザイン面は非常に遅くて、1枚2分ぐらいかかっていたような気がする。プリンターなんて毎年買い替える訳ではないから、数年はその遅さを我慢しなければならない。

 今、使っているプリンターもすでに5年ぐらい経ち、修理も2回出している。速度は高性能印刷モードにしなければ何とか耐えられるスピードなので、今度壊れた時が買い換え時と考えている。でも普段、滅多にプリンターは使わないから、もっと長い間持って欲しいものだ。

 昨今は年賀状の代わりにメールのやり取りで済ませてしまう人も多いらしい。時代の変化だからそれは否定しないけれど、やはり、普段、お会いできない方々には、安否確認も兼ねて、年に一回ぐらい賀状のやり取りがあったほうが良いように思う。私もこれから数日かけて、宛名を見ながら一筆加えていこう。

« 「苦役列車」(西村賢太著/新潮社)を読んで思うこと | トップページ | 吉田所長の病名が「食道ガン」という報道について思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/53449183

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状の作成について思うこと。:

« 「苦役列車」(西村賢太著/新潮社)を読んで思うこと | トップページ | 吉田所長の病名が「食道ガン」という報道について思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ