« 東野圭吾「天空の蜂」を読んで思うこと。 | トップページ | 紅白歌合戦の歌唱曲が発表されたけれど・・・。 »

2011年12月19日 (月)

金正日総書記死去のニュースを聞いて思うこと

 私が北朝鮮に関心をもったのは、今から約10年前、「北朝鮮を知りすぎた医者」という本を読んでからだと思う。北朝鮮国内、特に地方では、悲惨な状況なのかというのが赤裸々に書かれていたからだ。そして拉致問題が明確になり、小泉訪朝という流れになる。その後、核実験やミサイル実験等々で我々の神経を逆なですることになっていく。それでも問題解決が遅々として進まない状況に関心も徐々に薄れていった。

 そして今日の正午、全世界に北朝鮮の金正日総書記死去のニュースが流れた。報道によれば、一昨日、現地視察に向かう列車の中、心筋梗塞を起こして亡くなったというものだ。死因や時期についての信ぴょう性は不透明だが、死亡したことは確かだろう。

 各メディアは北朝鮮ウォッチャーとも呼ばれる識者を呼んで、これからどのような展開になるかを予想している。主なテーマは拉致問題、核兵器、後継者問題だ。確かに識者の言われることは納得できそうなのだが、この10年間、この方々の言っていたことのようには動いていない。政府の対応が悪いという面はあるけれど、あれだけ貧困だと言われながら、何故、核実験やミサイル発射実験なんてできるのか。中国が裏で支援しているという情報もあるようだが不思議でならない。

 これを機に拉致問題解決に動いて欲しいけど、蓮池透氏によれば、政府は北朝鮮とのパイプが無いと言っているようだから、一朝一夕には動きそうにない。何といっても、マニフェストを平気な顔で反故にする政権だからとても期待できない。残念ながら、個人的には、表面上は今までと何ら変わらない状況が続いていくような気がしてならない。私の予想が外れてくれることを願う。

 

 

 

« 東野圭吾「天空の蜂」を読んで思うこと。 | トップページ | 紅白歌合戦の歌唱曲が発表されたけれど・・・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/53522269

この記事へのトラックバック一覧です: 金正日総書記死去のニュースを聞いて思うこと:

« 東野圭吾「天空の蜂」を読んで思うこと。 | トップページ | 紅白歌合戦の歌唱曲が発表されたけれど・・・。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ