« 福岡国際マラソンを見て思ったこと。 | トップページ | 「苦役列車」(西村賢太著/新潮社)を読んで思うこと »

2011年12月 6日 (火)

粉ミルクからセシウム検出のニュースを聞いて思うこと

 今日、明治乳業が自社の粉ミルクから30.8Bq/㎏のセシウムが検出されたとして、該当するであろう40万缶の回収に踏み切ると発表した。生乳は311前の北海道産だったらしいが、春日部工場での乾燥工程で混入したのではないかという見解を述べている。

 もっとも国が定めた暫定基準値は200Bq/㎏だから、良心的という評価できるという人もいる。だけどWHOの基準だと10Bq/㎏だし、チェルノブイリのあるウクライナでさえ100Bq/㎏以下なんだから、この基準値がいかに高い値で信用できない数字であることは明白だ。しかも、明治が発表する前に民間機関が発表しているらしいから、余計懐疑的になってしまう。

 国は「基準値を下回っているから安全だ。買わないのは風評被害だ。」と相変わらず言い張るかもしれない。だけど、311の原発事故前に「セシウム」なんていう物質のことはほとんどの国民は知らなかったし、仮に検査しても未検出だったのだから、恐れて当然である。しかも、今、さかんに安全を吹聴している役人やマスコミの連中は、将来、仮に健康被害が出たとしても、何ら責任を問われる立場にはいない可能性が高いのだ。だから余計、不信感が増幅される。

 5月以降、私が覚えているだけで、牛肉、お茶、シイタケ、福島産のコメ(4地域)、牛乳、缶詰、その他、魚介類等々、様々な食品の放射能汚染が明らかになった。留まるところを知らない様相だ。おそらく親御さんたちは疑心暗鬼な気持ちで一杯だろう。非常に嫌な世の中になってしまった。

« 福岡国際マラソンを見て思ったこと。 | トップページ | 「苦役列車」(西村賢太著/新潮社)を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/53420534

この記事へのトラックバック一覧です: 粉ミルクからセシウム検出のニュースを聞いて思うこと:

« 福岡国際マラソンを見て思ったこと。 | トップページ | 「苦役列車」(西村賢太著/新潮社)を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ