« 「数学、基本理解しない大学生も…」のニュースを聞いて思うこと | トップページ | 【東京マラソン2012】なにも丸坊主になる必要はないんじゃないの? »

2012年2月26日 (日)

「東京マラソン2012」テレビ観戦していて思うこと

 「東京がひとつになる日」と謳われる東京マラソン2012が開催された。私は2007年の第1回と翌年の第2回大会には奇跡的に抽選に当たり出場することができたけれど、それからは4回連続外れている。だから、今年もテレビ観戦だ(涙)。しかも、午前中は仕事だったためエリートランナーの部は観れず、一般参加ランナーの部の中継を観た。

 テレビ中継はフジテレビと日本テレビが交互に行っている。(何故かフジの中継の年は雨模様になっているような気がする。)一般ランナーの模様を最後まで映すようになったのは嬉しいことだけれど、どちらの局も芸能人を走らせて、感動的なドラマ作りをしようとしているのが見えてしまって嫌だ。

 まあ、市民マラソンを知らない人には、知名度の高い人が走っている人の姿をメインにして、その素晴らしさを伝えようというつもりなのだろう。始まった当初はそれで良かった。しかし、今回で6回目なのだからその役目は終わったと思う。個人的には、ポイント、ポイントで参加者にインタビューするとか、走りながらの実況生中継の方が興味が湧く。実際、今回もユーストリームを使って実況中継されている方がいたようだ。映像は良くないが臨場感溢れるレポートになっているし、レースの裏側も見られるので観ていて楽しいのだ。

 実際参加したことがあると、残念ながら、テレビ中継では物足りない。もっと、もっと多くのドラマが様々なところで展開されているからだ。今でも思い出す。2007の時は雨で寒くて、しかも給食もなくて、ひもじい思いをしながら走っていた。足の裏は数か所皮がむけ、もうヘロヘロだ。そんな時35㎞地点手前の私設エイドで暖かいお茶を頂いて生き返った気分になれた。涙が出るくらい、人の温かさを感じたものだった・・・。やはり、もう一度、出たいな。あの怒号ともとれる声援の中を走りたい。まるで自分が主役になったような気分になれるのだから(笑)

 

 

 

 

« 「数学、基本理解しない大学生も…」のニュースを聞いて思うこと | トップページ | 【東京マラソン2012】なにも丸坊主になる必要はないんじゃないの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54083955

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京マラソン2012」テレビ観戦していて思うこと:

« 「数学、基本理解しない大学生も…」のニュースを聞いて思うこと | トップページ | 【東京マラソン2012】なにも丸坊主になる必要はないんじゃないの? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ