« だんだん社会が荒んでいく。 | トップページ | 「数学、基本理解しない大学生も…」のニュースを聞いて思うこと »

2012年2月23日 (木)

橋下大阪市長が、小中学生でも学力が低ければ留年を検討すべきという件について思うこと。

 「橋下市長、小中学生でも学力が低ければ留年検討」http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120222-OYT1T00501.htm?from=top

 多分、賛否両論渦巻く提案だ。市長の言い分としては、「分からない授業を受けるくらい苦痛なことはないのだから、分かるまでちゃんと教えてあげるのが良いのでは?」ということなんだろう。

 確かにそのことが原因で非行に繋がる場合もあるから、この提案には一理あると思う。ただ、出席日数が著しく少ない場合を除いて個人的には反対だ。今まで同級生だった友達が後輩という立場になるんだ。特に小学生の場合、この段階で劣等生というレッテルを貼られてしまうと、おそらく本人の向上心も阻害しかねないし精神的なダメージも大きいだろう。また、同級生から馬鹿にされることに繋がり、ひいてはイジメの対象になりかねないと思うからだ。

 科目毎の習熟度別クラスや補習を充実させることで対応できないのだろうか。この方法も劣等生のレッテルを貼ることになるけれど、それでも一学年下になるよりはショックは少ない。

 まあ、何かと注目を集める橋下市長が現在の教育に一石を投じた意味は大きい。おそらく国民的議論を起こしたくて、こういう提案をしたのではないか。なかなか意見を集約することは難しいけれど、将来ある子供たちにとって一番最良な教育方法は何かを考えるきっかけにはなった。

 

 

 

 

« だんだん社会が荒んでいく。 | トップページ | 「数学、基本理解しない大学生も…」のニュースを聞いて思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54058845

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下大阪市長が、小中学生でも学力が低ければ留年を検討すべきという件について思うこと。:

« だんだん社会が荒んでいく。 | トップページ | 「数学、基本理解しない大学生も…」のニュースを聞いて思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ