« 橋下大阪市長が、小中学生でも学力が低ければ留年を検討すべきという件について思うこと。 | トップページ | 「東京マラソン2012」テレビ観戦していて思うこと »

2012年2月24日 (金)

「数学、基本理解しない大学生も…」のニュースを聞いて思うこと

 私も文系で微分、積分なんて殆ど分からなかったから、大きなことは言えないけれど、このニュースには唖然とした。http://bit.ly/A5JiKE 大学生の学力低下はいろいろなところで言われていたが、それが明確になったということか。

 だけど、この記事の中にある「日本数学会では、調査を受けた大学生はいわゆる「ゆとり教育」世代で、学ぶ内容と時間が少なかったことや、学力試験のある一般入試を経ている学生は半数にすぎないことが、数学力低下の背景にあると分析しています。」という部分については、首をかしげてしまう。

 私も中学を卒業するまでは数学は得意の科目だった。(今だから話せるけれど、神奈川県では中学2年の3学期にアチーブメントテストというのがあって、数学は満点だった。もっとも偏差値は低かったから、満点の学生は多かったのだろうw)。けれど、高校に入って駄目になった。

 私の理解力がなかったこともあるけれど、それまではそんなことはなかったのに、先生が授業で話していることが理解出来なくなってきた。そして、授業が苦痛になる。テストの成績も振るわない。中間試験の時、生まれて初めて零点をとったかと思い、答え合わせ時間は解答用紙を見れなかったくらいだ。何せ平均点が100点満点中10点台なのだ。幸い、中間点が考慮されて10点だったけれど、それでも、かなりショックを受けた。もともと理系に進みたかったが、このことがきっかけとなり断念せざる負えなくなった。

 そういう経験もあるから、私は数学力を上げようとするならば、まず教師の教え方を変えて欲しいし、カリキュラムも変えるべきなのではないかと思う。今の殆どの大人が高校で習った数学なんて意味がなかったと感じているのではないだろうか。「行列」、「三角関数」、「微分」、「積分」、残念ながら、実生活とは無縁のように思えてしまう。だけど、知っていれば実生活でも問題解決に繋がる場合がきっとあるんだろう。そういうことをちゃんとアピールしてくれていたら、もっと真剣に取り組んでいたかもしれないのに、とても残念だ。

 数学は積み重ねなので、一度つまずいてしまうと、その先が進めなくなってしまう。だから小学生の算数の時いかに面白いと思わせるかが、そして、中学生になったら、分かること、解けることの喜びを植え付けることが重要なことのように思う。文科省、および先生方には、こういうことを真剣に考え、実行に移して欲しいと願うばかりだ。

 

« 橋下大阪市長が、小中学生でも学力が低ければ留年を検討すべきという件について思うこと。 | トップページ | 「東京マラソン2012」テレビ観戦していて思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54066378

この記事へのトラックバック一覧です: 「数学、基本理解しない大学生も…」のニュースを聞いて思うこと:

« 橋下大阪市長が、小中学生でも学力が低ければ留年を検討すべきという件について思うこと。 | トップページ | 「東京マラソン2012」テレビ観戦していて思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ