« 「走ることについて語るときに僕の語ること」(村上春樹著)を読んで思うこと。 | トップページ | 女子サッカーの視聴率がプロ野球巨人開幕戦を抜いたけれど…。 »

2012年3月30日 (金)

ここまでして柔道を必修化する必要はあるのか?

 4月から中学校で武道が必修化される。そのこと自体は知っていたが、静岡県の県教育委員会が柔道については「大外刈りは禁止」、「投げ技禁止」などの安全指針を打ち出したことは初めて知った。これによると試合は座った状態で行うことになるという。http://bit.ly/Hu8c2i

 正直言って、もう笑うしかない。柔道が他のスポーツに比べて死亡率が突出して高いから、こういうことになったんだろうけれど、これじゃあ、柔道じゃないじゃないか。こんな規定まで作ってまで必修にする必要があるんだろうか。もともとの目的は武道を通じて礼節を学ぶというものだったんだから、生徒が自由に選択できるようにした方が良かったと思う。

 私も高校の時、柔道をやったことがあるけれど、半分、嫌々だったような気がする。武道は真剣にやる気がないと事故が起こりやすい。まして、中学の時なんて、まだ基礎体力もついていない時期だから、親御さんが心配するのも無理はない。

 それでも敢えて必修にするというのなら、一授業にちゃんとした指導員を数人付けて行うぐらいの注意が必要だろう。大きな事故が起こらないことを願うばかりだ。

« 「走ることについて語るときに僕の語ること」(村上春樹著)を読んで思うこと。 | トップページ | 女子サッカーの視聴率がプロ野球巨人開幕戦を抜いたけれど…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54347224

この記事へのトラックバック一覧です: ここまでして柔道を必修化する必要はあるのか?:

« 「走ることについて語るときに僕の語ること」(村上春樹著)を読んで思うこと。 | トップページ | 女子サッカーの視聴率がプロ野球巨人開幕戦を抜いたけれど…。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ