« 映画「冷たい熱帯魚」。凄いというか何というか・・・。 | トップページ | 桜のある風景(御殿場線、山北沿線) »

2012年4月 7日 (土)

巨人が負けても悔しくなくなってきた。

 今夜も巨人は阪神相手に完封負けだ。開幕から8試合で8点しか獲れず5完封負け。以前なら、悔しくて眠れないということもあったが、今は自業自得のような気がしてそんな気も起こらない。去年は震災後の計画停電の最中、開幕を強行しようとして顰蹙をかった。あれが勝利の女神を遠ざけた気がする。今年は清武元代表辞任問題に加え、開幕直前、朝日新聞に協定違反の契約金問題をすっぱ抜かれたのにもかかわらず、強弁を繰り返して、多くの人々から顰蹙をかった。2年続けて、プレー以外のことで足を引っ張られた感がある。

 まして巨人軍の親会社、読売新聞社は原発超推進、TPP超推進、消費税増税超推進、野田デタラメ内閣超擁護と私の心情とは全く逆だ。そして、国民を見下す姿勢が随所に垣間見える。自分達が儲かればそれで良いという何て驕り高ぶった会社だ。両親が購読しているので仕方なく読むが、偉そうな社説には反吐が出そうだ。嫌気がさすのも無理はない。

 私はアニメ「巨人の星」で育った世代で、物心ついた頃にV9も達成した。だから、プロ野球と言えば巨人しかなかった。プロ野球は巨人が引っ張っている、毎日が巨人戦という特別な闘いをしなければならないから、他のチームの戦力の5倍ぐらいないと真っ当な試合は出来ない。そう思えた時期もあり、江川問題にも、フリーエージェントで各球団の有力選手獲得にも目をつぶってきた。

 今シーズンも大型補強を行った。評論家も優勝候補筆頭だった。なのにこの体たらく。もうこれは、やりたい放題やってきた巨人に対する様々な人たちの怨念が選手に異様なプレッシャーをかけているように思えてしまう。特に傲慢な球団会長をはじめ、フロントのお歴々が負のオーラを発している限り、低迷は続くのではないだろうか。もはや誰かが責任を取らないと、反転のきっかけは掴めないような気がする。

« 映画「冷たい熱帯魚」。凄いというか何というか・・・。 | トップページ | 桜のある風景(御殿場線、山北沿線) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54415511

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人が負けても悔しくなくなってきた。:

« 映画「冷たい熱帯魚」。凄いというか何というか・・・。 | トップページ | 桜のある風景(御殿場線、山北沿線) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ