« 「関越道で起こったバス衝突事故」のニュースを聞いて思うこと。 | トップページ | 今年も南相馬市へ災害ボランティアに行きたいのだけれど…。 »

2012年4月30日 (月)

続:「関越道で起こったバス衝突事故」のニュースを聞いて思うこと。

 昨日のバス衝突事故は、私自身かなりショックだったからか、今日1日いろいろな思いが頭をよぎった。ニュースを聞いていると、やはり背景には熾烈な価格競争があるのは間違いない。それも、事故を起こしたバス会社が法律違反をして法外に儲けていたのなら非難されても仕方ないけれど、今のところ、どうもその傾向は見られない。となると、運転手の単なる過失で済まされてしまうのか。あるいは被害者も含めて自己責任で済まされるのか。

 私自身そう考えていたけれど、企業が競争力をつける為にはとにかく効率化、生産性の向上をやみくもに追及してきたところがある。それだけなら良かったが、競争力強化のために 様々な経費、そして人件費を削り始めた、いや、削らなければ淘汰されてしまう。法律も後押しした。何でも競争、競争。でも、そのしわ寄せは必ずと言っていいほど立場の弱いところに向かう。

 例えば、ジャストインタイム(JIT)方式。確かに組み立てメーカー側から見れば、無駄な在庫を抱えることなく、非常に効率的に生産が可能だ。だけど、下請け会社や運送会社にとっては逆に決まった時間に納入するという負担が増える。

 また、7年前のJR福知山線の脱線事故も時間厳守徹底という会社の指示が背景になり運転手が過度にスピードを上げて、痛ましい事故に繋がった可能性もある。昨今、頻発している過労死(自殺)だって、効率化、過度な競争社会によるストレスからくることも多いのではないか。

 「勝った者はいい、では負けた者はどうなる…(略)…愛し合うべきだった」。アニメ宇宙戦艦ヤマトでガミラス星の廃墟を前に古代進が慟哭するシーンを思い出す。「愛し合う」はちょっと気恥ずかしいが、少なくとも敗者が前向きに生きられる社会になって欲しいと願う。今の市場原理主義はそろそろ修正する必要があるのではないだろうか。

 

« 「関越道で起こったバス衝突事故」のニュースを聞いて思うこと。 | トップページ | 今年も南相馬市へ災害ボランティアに行きたいのだけれど…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54598148

この記事へのトラックバック一覧です: 続:「関越道で起こったバス衝突事故」のニュースを聞いて思うこと。:

« 「関越道で起こったバス衝突事故」のニュースを聞いて思うこと。 | トップページ | 今年も南相馬市へ災害ボランティアに行きたいのだけれど…。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ